パーティション管理ソフト「MiniTool Partition Wizard」:使い方&評価

J.Stone J.Stone

パーティション分割・統合、OSの移行、データ復元、ディスクスキャン、ベンチマークなど、多機能を備えたパーティション管理ソフト「MiniTool Partition Wizard」をご紹介していきます。併せて使い方や評価も記載。

MiniTool Partition Wizard

今回は「MiniTool Partition Wizard」というパーティション管理ソフトをご紹介していきます。
Windows初期搭載のパーティション管理は、統合・分割などの基礎的な事しかできませんが、このツールではそれに加えてOSの移行やベンチマークなど多彩な機能が1つで実行できます。

Partition Wizardで出来る事

  • ディスクベンチマーク
  • ディスク使用状況分析
  • NTFSをFATに変換
  • ダイナミックディスクをベーシックに変換
  • ダイナミックボリュームの管理
  • パーティションの復元
  • データ復元
  • WinPEブータブルメディア
  • ライセンス種類

※無料版は機能制限があります。

MiniTool Partition Wizardの使い方

まずは公式サイトからソフトをダウンロード。


ソフトを開くと、上記の簡易画面が出ます。
そこから使いたい機能を選択してください。


実際の画面はコチラ。
上のタブから機能を選択する事ができます。
実行できることは簡易メニュー画面と変わりありません。

データ復元


まず復元するドライブを選択してください。
例えば、Cドライブに入っていたファイルを復元したい場合は、Cを選択します。
選択後はスキャンが実行され、ファイルの一覧が表示されます。(画像↓)

パーティションの復元


破損又は削除してしまったパーティション内の情報を復元する機能です。
例えば、慣れないOS移植で間違えて大事だファイルを消してしまった…時などにお使いいただけます。

OSの移行


こちらは左のメニューから選択します。
使いかけのドライブに移動させたい場合は下を選択。
PCの引っ越し時に備えてOSを移動したり、買い替えたHDDやSSDにOSデータを移し替える際に使用します。
最近ではSSDが安価になっているので、HDDから乗り換える際に便利です。


こちらは、乗り換え先を選択すると移行が始まります。
上の保持しないを選択している場合は、選択後に該当ドライブがフォーマットされますので注意しましょう。

ディスクの使用状況分析

ドライブ内のファイルや、使用拡張子などを洗い出します。
該当ファイルやフォルダの使用率なども閲覧でき、容量の大きいファイルを削除したい場合にも便利です。


まず、上のメニューからドライブを選択。
スキャンを実行するとスキャンが開始されます。


スキャンが終わると、存在するすべてのファイルや拡張子が表示されます。

ディスクベンチマーク

ドライブの読み書きの速度などを調査できる機能です。
経年劣化や、HDDヘッドの寿命などを確認する際に便利です。


上のメニューからドライブと、転送サイズを選択。
例えばゲーム関係であればサイズを大きめにすると、大容量の転送速度が分かります。


スキャンが終わると速度が表示されます。

MiniTool Partition Wizard の評価

上記以外にも、引っ越し向けのディスクのコピーであったり、基礎機能である統合・分割機能も備えているので、これ1つで管理が可能となっています。
よって沢山ソフトを入れたくない人にオススメ
ただし、ベンチマーク機能だけは、寿命計算であったり消耗度であったりとより詳細に表示されるフリーソフトがあるので、おまけ機能といえるかもしれません。
無料版は機能制限があるので、やはり最大限の機能を使うには、Pro版を購入するのが良いと思います。

メリット

  • OS移行を素早く行えるのが最大のメリット
  • 一括管理なので楽
  • 多機能

MiniTool Partition Wizard のダウンロードはコチラから!

出典:MiniTool

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「PCソフトウェア」の関連記事

「PCソフトウェア」の人気記事
パソコン・スマホのカテゴリ一覧