もしも~ならを極めるサイト

 
EBR

Mk14 EBR、究極のバトルライフル

J.Stone J.Stone

今回はMk14 EBRというマークスマンライフルをご紹介。 スプリングフィールドM14を近代化改良した狙撃銃であり、究極のバトルライフルと呼ばれるほどに完成度が高い。

究極のバトルライフル!?

Mk14 EBRは、アメリカのSEI社(スミスエンタープライズ株式会社)や海軍兵器開発部などが共同開発したマークスマンライフル。
元々はスプリングフィールド造兵廠の開発したM14小銃を、近代化改修したモデル。
M14の持つ有効射程と狙撃能力は、現代でも通用する部分があり、これを踏まえてのマークスマン化改修である。

人間工学に基づいたデザインや、アルミ合金などのボディに換装した結果、見た目はもはやかつてのM14の面影は感じられない。
しかし、中身の機構はM14そのものである。
Navy SEALsなどの特殊部隊の要請で設計した経緯がある為、非常に高性能でありながらMk14内でもバリエーションも数多く存在する。

Mk14 EBRの特徴

EBR
出典:http://www.fulton-armory.com/fultonarmoryusriflecal762mmm14-1-1-1-1-1-2.aspx

開発国(開発会社) アメリカ(SEI社他)
種類 マークスマンライフル
使用弾薬 7.62x51mmNATO弾
装弾数 10/20発(マガジンにより異なる)
重量 約5kg
発射レート 毎分725発(フルオート時)
最大有効射程 約4.2km~6.4km
実用時期 2002年

Mk14 EBRの詳細

SEALs及び米海軍仕様のMk14 Mod0、Mk14 Mod1(18インチ銃身)、Mk14 Mod2(21インチ銃身ヘヴィバレルモデル)、
米空軍及び沿岸警備隊のMk14 Mod0、Mk14 Mod1(21インチ銃身)
米陸軍仕様のM14 EBR-RI、
などと各部隊でそれぞれ仕様が異なる。それ以外にもバリエーションは存在するようだ。
オプションやアクセサリも着脱自由であり、多くは光学装備などの最新技術を導入している。

米軍以外でもフィリピン軍やイスラエル軍なども導入している。

Mk14 EBRが登場する作品

・アメリカン・スナイパー
・ジュラシック・ワールド
・CoD:AW
・メタルギアソリッド4
・PUBG
・ゴーストリコンワイルドランズ
etc…

単純に見た目がカッコいいのでサバゲーなどで活躍させてみよう!

関連記事

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「スナイパーライフル/小銃」の関連記事

「スナイパーライフル/小銃」の人気記事

銃火器のカテゴリ一覧