もしも~ならを極めるサイト

 
M14

スプリングフィールドM14、精度に優れた名銃

J.Stone J.Stone

今回はスプリングフィールドM14をご紹介。 かつては欠陥品と言われ、今では名銃と言われる銃器開発激動の時代の歴史に触れられる銃だ。

精度に優れた名銃

スプリングフィールドM14は、アメリカのスプリングフィールド造兵廠が開発したアサルトライフル。
第二次戦で活躍したM1ガーランドの後継バトルライフルとして開発され、抜群の威力と精度を誇るバトルライフルである。
主にベトナム戦争で実践投入された。

しかし、本来のライフル銃としての射程距離を維持した為か、ジャングルの多いベトナム戦では取り回しの悪さと無駄な射程距離のせいで意味をなさなかった。
更に、かつての欧州戦線のような気候を前提とした木製ストックは、熱帯の湿った環境に適応できず、ストックが腐食するという事態にまで陥る。
こうしたことからM14は、今でいうM16(AR-15)を急遽採用する事態に陥り、M14は失敗作ではないかと言われ続けた。

だが、威力を重視したストッピングパワーと、抜群の射程と命中精度はセミオート狙撃銃として再評価され、
改良を重ねた結果、今日に至るまで狙撃銃としての地位を確立している。

スプリングフィールドM14の特徴

M14
出典:http://www.fulton-armory.com/M14-M1A.aspx

開発国(開発会社) アメリカ(スプリングフィールド造兵廠)
種類 アサルトライフル
使用弾薬 7.62×51mmNATO弾
装弾数 20発
重量 約4.5kg
発射レート 毎分700~750発
最大有効射程 約460m~800m
実用時期 1961年

スプリングフィールドM14の詳細

バリエーションとして、狙撃銃改良型のM21、M14 DMR、
近代化改修モデルのMk14EBRなどがある。
また、今日では儀仗隊の銃としても使用されている。

M14 DMR

m14dmr
出典:http://www.americanspecialops.com/special-ops-weapons/DMR.php

スプリングフィールドM14が登場する作品

・フォレスト・ガンプ/一期一会
・フルメタルジャケット
・ブラックホーク・ダウン
・山猫は眠らない
・007 慰めの報酬
・SILENT HILL
・CoD4
etc…

銃器開発激動の時代の歴史に触れてみてはいかがだろうか?

関連記事

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「アサルトライフル」の関連記事

「アサルトライフル」の人気記事

銃火器のカテゴリ一覧