ウイルス対策ソフトは買うな!Win10にセキュリティソフトは不要な理由

J.Stone J.Stone

Windows10にはWindows Defenderというデフォルトのセキュリティソフトが備わっていますが、別途で購入してインストールする必要はあるのか?今回はWin10にセキュリティソフトは必要or不要を解説します。

Win10のセキュリティソフトって何が良いの?

Windows10にはWindows Defenderというセキュリティソフトがプリインストールされているのはご存じでしょうか。
このソフトは、別のセキュリティソフトを入れていない場合に自動的に起動します。
しかし、初期から入っているから…という事で性能を過信して、別のセキュリティソフトを入れ動作が不安定になったり、重さに悩んだりしている方もいらっしゃいます。
では、そんなWindows10。セキュリティソフトは必要・不要というのを今回は解説します。

結論、いらん!

結論から言うと、Windows10にセキュリティソフトは不要です。
わざわざ重たい外部のセキュリティソフトを入れる必要はありません。

いらないのです。

( ゚д゚)……。

何故か?

まず、Windows Defenderは”WinOS購入者のみ”が使えるWin専用ソフトです。よって無料ソフトではありません。列記とした有料ソフトになっています。
確かにデフォでインストールされている為、備えつけの印象は強くありませんが、このセキュリティはかなり優秀。Win10環境で最適に動作するように設計されている為、セキュリティ性能も高いながらも軽い動作になっています。
正にWin10ユーザーのためのセキュリティソフトで、十分な性能が確保されているという事なのです。

他と何が違うん?

では、他のセキュリティソフトと何が違うのか。
ドイツのセキュリティソフト評価機関はMcafee、Norton、Kasperskyなどの数点のソフトに対して満点の評価をしています。Windows Defenderはほぼ満点という評価です。
ほぼ満点であれば、完璧さを求めるのであれば購入したほうが良いというレベルですので、入れなければいけないことはないのです。
しかも、これら満点のソフトを使ったとしても、更新を怠れば満点の性能は叩き出せません。多くのユーザーはアップデートや更新動作がうざったい・重いために更新頻度を下げてしまったり、セキュリティを下げてしまったりします。そうなると、もはや別途でセキュリティソフトを用意する必要はなく、WinDefenderで事足りるのです。

また、Windows DefenderはMicrosoftがWindowsOSで対応するように最適化して作ったソフトです。よってソフト同士の競合も少なく、ソフトの突然のクラッシュなども起こりにくくなっています。
特にゲームユーザーや画像編集・動画編集者にとっては重要な要素。
わざわざ高い金払って動作を不安定にさせるセキュリティを入れる意味……ありますか?

結果として、よほどセキュリティにこだわる方でない限り、Windows Defenderで充分という事になります。

…じゃあ何で世間はオススメしてんの?

ハッキリ言うと売るためです。
宣伝をすれば広告費となるので、収益の為に皆Windows Defenderの性能を分かっていながら書くのです。
「Windows Defenderはダメだからこのソフト買ってね!」というのを見かけたら疑った方が良いぐらい、Windows Defenderは十分すぎる性能です。

最近のセキュリティソフトはもはや情弱商売となっており、色々なうたい文句を並べ立て、PCに詳しくない人を釣っている現状。
あと、昔は外部セキュリティソフトを絶対的に信頼するしかなかったので、その時代からのユーザーの信頼で成り立っているというのも現状。
大抵の古参PC勢は、頭が固くなって昔からの知識絶対有力勢になってしまいがちなので、未だにWindows Defenderの方が優秀だと知らないという方も多くいるとか。
よってオススメしている人はネット老人会か宣伝ビジネスの可能性が高いので信用する前に情報を集めるようにしてください。

何度も言うように、外部セキュリティの時代はもう終わったわけです。
Windows Defenderで充分。

じゃあ外部ソフトは役に立たないの?

いいえ立ちます。立ちますがいりません。
セキュリティ評価としても満点のソフトも多く役には立ちます。
但し、Windows Defenderと違いOS開発側が想定した内容ではない為、不安定さがあります。
上記でも書いたように競合が発生しやすく、特にゲームや編集ソフトでは競合によるクラッシュが起こる可能性が生まれます。

ただ、WindowsPCを買えば、OS料金の中に付属のセキュリティソフトが付いてくるのに、わざわざ高い金払って不安定なソフトを入れるという理由が分からないだけです。
簡単に言えば、マスク買ったのに、真ん中くり抜いてフィルタ貼っているようなものです。
最初から付いてるんだから切り抜いて使う必要ないじゃんと思ったアナタ、そういうことです。

外部ソフトが役に立つのはWindows,Mac以外のOS。つまりLinuxなどの無料OSです。
Windows DefenderはWindowsOSのみで機能するセキュリティソフトなので、他のOSを使ってしまえば対応していません。
なので無料OSで自作PCを作っている方などは外部セキュリティを使うことになります。
あとはWindows Vista以下の旧式OSです。しかし、古いOSは元々持つ脆弱性と、最新のOSソフトが対応していないことから、どのみち穴だらけになります。

よってWin/Mac以外でなければ別にわざわざ買う必要ないよねというのが結論です。

しかし、上記で述べたように、Windows Defenderはほぼ満点のソフトですが、満点ではありません。
より完璧、鉄壁を求めるのであればセキュリティソフトを買って使ってね!という事なのです。
なので、Windows Defenderだけでは不安というこだわり派は満点のセキュリティで防御を固めましょう。

※最近の情報更新でWinDefの評価が満点となりました。これで完全に外部セキュリティソフトを買う理由がなくなったわけです。

ノートン 360 デラックス セキュリティソフト(最新)|3年3台版|オンラインコード版|Win/Mac/iOS/Android対応
詳細情報

参考価格:¥14,280(執筆時調べ)

ただ、更新をさぼってしまう人にはむしろ豚に真珠ですし、Win10購入ユーザーが使えるれっきとした有料付属ソフトなのでWindows Defenderで充分です。
最も、Windows Defenderでも更新を切ってしまえば、ほぼ満点の性能は出せません。
こだわらないのであれば、デフォで充分です。
※ちなみに筆者も数年前に外部ソフト切りました。WinDefでトラブルにはなっていません。(むしろ快適)

まとめ、デフォでOK!

Windows Defenderは十分すぎる性能です。
セキュリティソフトが重い、ソフト代が嵩むという方……Win10をお使いの方は、Windows Defenderに切り替えてしまいましょう。

ちなみに、MacOSもAppleが自社のセキュリティソフトを組み込んでいるので不要です。
そこのあなた、まだセキュリティソフトにカモられてませんか?

……けど、どうしても外部セキュリティソフトしか信じられないという方は下記リンクの様なセキュリティソフトをお買い上げしなさってください。
ちなみに、Linuxなどの無料OSユーザーはセキュリティが入ってないので絶対に対策してください。(むしろ買え!

    この記事をシェアする

パソコンやITでお困りの方のお手伝い

もしならを運営している関係者が各種お悩みを解決します。 ゲームの開発やパソコン導入や会社のIT導入など。困ったときの強力な助っ人がほしい方へ。

コメント/情報提供

コメントを残す

「PCソフトウェア」の関連記事

「PCソフトウェア」の人気記事
パソコン・スマホのカテゴリ一覧