もしも~ならを極めるサイト

 
sw

スターウォーズ:エピソード8のストーリーを予想してみた!【スター・ウォーズ/最後のジェダイ】

J.Stone J.Stone

スターウォーズシリーズ最新作、スターウォーズ8に備えて皆さんも旧作を見返している事でしょう。 そこで今回は、スターウォーズファンの筆者がストーリーや展開を勝手に予想してみました。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

大人気スペースオペラシリーズの金字塔『スターウォーズ』
その最新作である『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が間もなく公開されます。
スターウォーズとしてはエピソード8に当たる本作ですが、トレイラーからは何やら不穏な予感がしています。

いつもであったら黄色のメインロゴのはずが、今回は赤。
スターウォーズにおける赤とはシス…すなわちダークサイドのカラーです。

公開を待ち望む皆さんも、既に色々な想像を膨らませていると思います。
もしも…スターウォーズ8がこんなストーリーだったら。
今回は、そんな『スターウォーズEP8』のストーリーをスターウォーズファンの筆者が予想してみようと思います。

スターウォーズEP8・ストーリー予想

“最後のジェダイ”の意味とは


(出典:http://www.hollywood-news.jp/)

サブタイトルにもなっている『最後のジェダイ』。
直球であればジェダイは全て滅びるという事になります。
かつて、オーダー66(エピソード3)にてジェダイはほぼ掃討されました。

しかし、ジェダイの死とは、物理的な死だけを差すのではない事は、
旧作をご覧になった方なら理解していると思います。

エピソード6にて、オビ=ワン・ケノービが言った言葉があります。

    君の父さんはフォースのダークサイドに誘惑されたのだ。
    彼はアナキン・スカイウォーカーであることをやめ、ダース・ヴェイダーとなった。
    このとき君の父さんだった良き人は死んだのだよ。

このセリフからわかるように、ジェダイの死とは、
善の心を失ったり、欲に走る…ダークサイドに落ちる事も含まれることがわかります。

つまり、今回この中の誰かがダークサイドに落ちるというのが大よその結末ではないでしょうか。

誰がダークサイドに落ちるのか?レイとルークの行方は?


(出典:https://movieweb.com/

私の予想は主人公レイがダークサイドに落ちると思っています。
カイロ・レンはエピソード7にて、父親であるハン・ソロを殺害しており、
既にダークサイドに落ちています。

そして、肝心の前作主人公たち。
ルークとレイアは恐らく死ぬでしょう。
スターウォーズの世界では、”老兵は去る”というのがお決まりの展開になっているので、
世界観を踏まえればこの2人は退場という事になるのではないでしょうか。

一説ではルークがダークサイドに落ちるという事がありますが、私はないと思っています。
何故ならば、ルークのライトサイド・ダークサイドの葛藤は既に旧三部作で十分描かれているからです。

あと、もしかしたらですが、
レイとカイロ・レンの立場が入れ替わる可能性も否定できません。
揺れ動く不安定なカイロ・レンですが、レイがダークサイドに落ちると同時に、
彼が逆にライトサイドに帰還することだって有り得るわけです。
前作のタイトルがレイ寄りであり、今作がカイロ寄りであることからも、
可能性は無きにしも非ずです。

ライトサイドとダークサイド


(出典:https://teaser-trailer.com/

結論から先に言います。新スターウォーズでは…
ライトサイドとダークサイドは融合する。

スターウォーズの善と悪は、ライトサイド・ダークサイドとして語られます。
善のジェダイ、悪のシス。これは1から6まで一貫しています。

また、スターウォーズの一貫したテーマである、フォースにバランスをもたらす存在…。
このバランスをもたらす存在は、1~6まではアナキン・スカイウォーカー…即ちダースベイダーとその息子たち、スカイウォーカー一族を表していました。
今回、登場するスカイウォーカー一族は、ルーク・スカイウォーカー、レイア・オーガナ、そしてカイロ・レンです。
(レイに至っては正体が判明していませんが、これが関わるのか否かは今後明らかにされるでしょう。)


(出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Star_Wars_(film)/

旧三部作はいわば冒険活劇であり、爽快な時代劇の様な面も持っていました。

しかし、時代は変わり、今や多様性の時代となり、他の創作物で描かれる物語は非常に複雑化してきています。

スターウォーズは普遍的なテーマを多く扱うからこそ人の心を掴んだ映画です。
今回もまた、新時代の普遍的テーマを扱うでしょう。
エピソード7のJ.J.エイブラムスも確か、善悪の区別について考えを述べていたはずです。
そうなれば、スターウォーズが一貫して語ってきた『善と悪』のバランスも新しくならねばなりません。

かつて西部劇や時代劇が黄金期だった時代、“勧善懲悪”の映画がたくさん作られました。
しかし、後に善なのか悪なのか分からない西部劇・時代劇が登場し、映画の歴史が覆りました。
『続・夕陽のガンマン』では、金の為に汚い事を何でもするが”善玉”と呼ばれる偽善的な主人公が描かれ、
『眠狂四郎』や『座頭市』では、女すら切り捨てたり、博打で荒稼ぎするような…同じく汚れた面をもった主人公が描かれました。

スターウォーズはそれら西部劇・時代劇を下敷きとして描かれ、ある意味キリスト教、仏教両面の見方を持った世界感がベースになっています。
ならば、後のストーリーとして、その西部劇・時代劇の追った流れを辿るのは何らおかしい事ではありません。


(出典:https://starwarsbu.com//

また、人間は善と悪、2つの面を常に備えているものです。

100%の善人などこの世にはいません。その逆もです。
皆がジェダイであり、皆がシスです。
現代に合った普遍的な正義を描くのであれば、人の中にある善と悪…
融合した善悪を描くのはもはや当たり前なのではないでしょうか。

前作エピソード7では、善側なのにダークサイドばりに強いレイと、悪側なのに色々弱すぎるカイロ・レンの姿が描かれました。
これは、明らかに善悪が区別付かない時代に到来しているという意味を訴えかけているのでしょう。
過去が未だ分からない主人公レイの行方は、今までの真実と向き合うことでスターウォーズ2・5の流れを汲んで、ダークサイドに接近していくことになるでしょうし、
歪んだ心を持っていながらも、過去で描かれたアナキン同様に、実は非常に純粋で繊細過ぎるだけの存在なのかもしれないカイロ・レンもまた、ライトとダークの間を揺れ動くことになるでしょう。

なので、スターウォーズ8以後の世界では、
ライトサイドとダークサイド、ジェダイとシスは融合し、二面性の中で皆が葛藤しながら人生を全うする世界へとなるのです。

そして、善悪の区別がはっきりわからない時代へと到来し、
ジェダイとシスは消えるのです。

真に「フォースと共にある」時代が訪れるのではないでしょうか。

フィンはジェダイなのか?


(出典:https://moviepilot.com/

エピソード7では、本来ジェダイしか扱わないはずのライトセイバーを握ったことで、
フィン=ジェダイ説が囁かれました。

ただ、ジェダイとシスが消える…全ての人間がそうなるのであれば、
フォースを操る=ジェダイという認識も消えるのではないでしょうか。
そうなるとフィンはジェダイではなくなります。

しかし、私はフィンが物語のキーとなる気もします。
彼は恐らく、スターウォーズ7~9におけるストーリーテラー、
観客に最も近い立ち位置になるのではと思っています。
旧三部作でいうルークの立ち位置に収まるのではないでしょうか。

彼は所謂悪であるファストオーダーから脱走し、善である新共和国側につきました。
勧善懲悪の流れを組むスターウォーズシリーズなので、当然それを目的とする客もいるでしょう。
なので彼を純粋な正義とすることで、善悪に翻弄される主人公レイや悪役カイロ・レンを捉えやすくするのではと思っています。
フィンは善悪の混同した2人に翻弄され、観客自らを演じることになるわけです。

私の予想するストーリー通りに…もし進むとすれば、
ジェダイとシスという区別すらなくなるのだから、
フィンがジェダイであるかどうかはもはやどうでもよい問題になるのです。

世界はどうなる?


(出典:http://www.starwars.com/

どちらもお互いの言い分を盾に争っていますが、
この戦争の行方も現代的なテーマに置き換えられるでしょう。

善悪の分からない世界。
共和国にも悪はいるし、ファストオーダーにも善がいる。
スターウォーズワールドの全てにおいて善悪の基準が変わるのだから、
国家の描かれ方もより複雑になっていくでしょう。

エピソード8ではベニチオ・デル・トロが共和国のリーダーを演じるようですが、
このキャラクター設定も何やら闇が深い感じ。
しかし、これら複雑な世界設定は、新三部作でも描かれており、
シス皇帝ことパルパティーン率いる元老院が暗躍していました。

今回はより細かくなって、
現代に潜むテロ社会、汚職問題などをベースに構築されていくのでしょう。

ハン・ソロは生きているか?


(出典:http://www.starwars.jp/wiki/

多分死んでます。
正直無茶苦茶ファンが多いキャラクターだと思いますし、
私も一番好きなキャラクターですが、多分ないと思います。
ハン・ソロの影響でウェスタンにハマるに至ったので思い入れは相当強い。

というのも、エピソード7で惑星ごと吹き飛んでいるし、
主演のハリソン・フォード自体が高齢であり、これ以上のアクションは望めないと思うからです。
特に、引き際をしっかりと心得ている役者さんですので、ダラダラとした都合の良い展開のある脚本を受け取って仕事をするとは思えないからです。
なので登場は回想シーン以外ないと思います。

ただ、一番好きなキャラなので復活したらそれはそれで嬉しいですが(笑)

スターウォーズEP8を予想しよう!

前作や旧作を見ていない方は今のうちに是非ご覧ください!
また、シリーズをすべて見ている方は、公開までどんな展開になるか大いに想像してみましょう。

2017年12月15日、いよいよ公開です!
お見逃しなく!!

※この記事の内容はあくまで公開前の勝手な予想です。

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「SF・ファンタジー」の関連記事

「SF・ファンタジー」の人気記事

映画のカテゴリ一覧