Borderlands3 にオススメなゲーミングPC選び

J.Stone J.Stone

ボーダーランズ3の発売に備えて、パソコン版の推奨スペックとオススメのゲーミングPCをご紹介。PC版でVaultハンターをする惑星パンドラの諸君、高画質で遊んでみまショウ!

ボーダーランズ3にオススメのゲームPC

今回は、ハクスラFPS「Borderlands3」にオススメのゲーミングPCをご紹介していきます。
コンシューマ版からパソコン版に変えたい、ゲーム配信用としてパソコン版も欲しい、ゲーミングPCデビューしたい……という方向けにおすすめのパソコンを紹介。
また、パーツだけ購入したいという方向けに、グラボやCPUも紹介します。

ボーダーランズ3の推奨スペック

まずはボーダーランズ3推奨されるスペックから見ていきましょう。

最低スペック 推奨スペック
OS Windows7,8,10(32/64Bit) Windows7,8,10(64Bit)
CPU Intel i5-3570
AMD FX-8350
Intel i7-4770
AMD Ryzen 5 2600
メモリ 6GB RAM 16GB RAM
GPU NVIDIA GeForce GTX 680 2GB
AMD Radeon HD 7970
NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
AMD Radeon RX 590
容量 75GB以上 75GB以上

以上が最低・推奨の要求スペックとなります。

ボーダーランズシリーズは、「トゥーンシェーダー」と呼ばれる3Dモデルを主線で覆うような表現が特徴的。
このトゥーンシェーダーはリアルタイムで演算しているので、画質のわりに処理は食います
一方で、テクスチャはアニメチックになるので、抑えめであることが多いです。
よってビデオメモリには負荷が少ないのが特徴です。

今作、ボーダーランズ3は前作よりも画質が全体的に向上しているので、前作プレイ時の推奨環境ではちょっと厳しいかと思います。
しかし、テクスチャ解像度自体は最近の高画質ゲームに比べて軽くなるのが、トゥーンレンダリング3Dゲームの特徴なので、VRAM(ビデオメモリ)よりも処理速度(コアクロック)を優先的に高めるグラボが最適。
基本的にミドルエンドGPUの最高クラス以上ならば、サクサク動くのではないかと思います。

ちょっと専門的な話になりましたが、ボダラン3は最近のゲームの中では比較的軽い部類に入るでしょう。
最高画質で自然表現溢れるオープンワールドゲームが多くなっている中では、画質をそこまで気にしなくてもいいゲームであることは間違いないでしょう。
※元々アニメ調なので、画質が落ちても気にならないゲーム。

オススメのゲームパソコン一覧

さて、ここからはボダラン3にオススメのパソコンを紹介していきます。
当サイトではメーカー品ではなくBTOパソコンをオススメします。
その理由としては……

  • ブランド料がない分、価格が安い
  • 拡張性が高く、カスタマイズ込みでの注文が可能
  • 自作するより安く、手間がかからない
  • ゲーミングPCはBTOメーカーが強い
…というメリットが御座います。

パソコンに詳しい方はパーツで買って、自分でPCを組めるのでBTOは必要ないかもしれませんが、
とりあえずコスパ重視で、面倒なことは全部やってほしいという一般ユーザーの方にはベストと言えます。

では、オススメのPCを紹介していきます。

1. コスパ最強PC

ボダラン3の推奨環境を満たしながらも、最近の他の3Dゲームも遊べるようなコスパ重視PCを紹介。

GALLERIA RT5 2600搭載 ガレリア RT5 Minecraft for Windows 10 Master Collection 同梱版
詳細情報

参考価格:¥92,500(+税)(執筆時調べ)
OS: Windows10 Home 64bit
CPU: AMD Ryzen 5 2600
RAM: 16GB DDR4 SDRAM
GPU: GeForce GTX1660Ti 6GB
Drive: 240GB SSD / 1TB HDD
電源: 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

なんと10万円を切るコスパ最強PC。
ゲーミングPCの入門としても最適なスペックと言えます。

まず、CPUは最近大流行のAMD Ryzenを搭載。
インテル製CPUよりも安いのに、スペックが高く発熱も低いという優れもの。
メモリは16GBあるので、画像編集や動画編集もできます。

グラボはGTX 1660Tiというミドルエンドのハイグレードな製品を搭載。
廉価版ながらも高いスペックを持っているので、中画質~高画質程度ならば安定した動作が期待できます。
このクラスならば最近のゲームもサクサク動かせるでしょう。

SSDが標準搭載されているのでロード時間が苦手なゲーマーにも安心。
但し、ゲームを沢山遊ぶのであれば、大容量SSDをもう1つ追加してもいいかと思います。

コスパ最強PCです。
数年前にハイスペックだったゲーミングPC同様の性能が叩き出せるので、旧作ゲームやインディーズゲームは余裕で動くでしょう。
ベストなゲーミングPCではないでしょうか。

2. 安いPCが欲しい方に

ゲームはしたいけど、安いパソコンがいい!
という欲張りユーザーの為に、推奨スペックを満たしながらもリーズナブルなPCを紹介。
限界まで削った商品がコチラ。

GALLERIA RS5 ガレリア RS5 Minecraft for Windows 10 Master Collection 同梱版
詳細情報

参考価格:¥79,980(+税)(執筆時調べ)
OS: Windows10 Home 64bit
CPU: AMD Ryzen 5 2600
RAM: 8GB DDR4 SDRAM
GPU: GeForce GTX1050 2GB
Drive: 250GB SSD
電源: 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE)

価格は8万円台。
とりあえず買ってみようかな…という入門向けにはオススメ。
ゲームをする関係上、CPUとグラボはある程度積んでおかないとカクカクになるので、ちょっと余裕を持たせてあります。
グラボはミドルエンドモデルを搭載しているので、低画質~中画質程度が最適。
GTX1050はVRAMが少ないので、テクスチャ解像度と草木の描画数を落とすだけでもかなり変わると思います。
5年以上前のゲームやオンラインゲームであれば高画質でも余裕で動くでしょう。

3. 最高画質プレイ向け

パソコンゲームするなら最高画質でないと嫌だ!…という欲張りプレイヤー向けです。
ボーダーランズ3は間違いなく最高画質で動きます。
…というか、このクラスになると、動かないゲームはないでしょう。
全画質設定をウルトラにしながら、動画撮影もして、サイドディスプレイでネトゲもやる…みたいな芸当も可能。

GALLERIA AXG ガレリア AXG
詳細情報

参考価格:¥239,980(+税)(執筆時調べ)
OS: Windows10 Home 64bit
CPU: AMD Ryzen 7 3700X
RAM: 16GB DDR4 SDRAM
GPU: GeForce RTX2080 SUPER 8GB
Drive: 512GB NVMe SSD / 2TB HDD
電源: 700W 静音電源 (80PLUS GOLD)

価格帯20万円台にして素晴らしい出来。
CPUにはRyzen7を搭載。グラボはRTX2080 Superで、レイトレーシングが強化されています。
今後発売のゲームに備えることができます。

カスタムポイントとしては、やはりSSDが足りないと思います。
ゲーム1本で80GB食う時代なので、増設SSDは搭載しましょう。
また、電源も若干少ない気がします。
余裕を持たせるのであれば800W以上搭載したいところです。

動画編集もするのであれば、メモリを32GBに増設して、エンコード速度を上げてしまうのも良いでしょう。

パーツだけ欲しい方向け


既存のデスクトップPCや、廉価なPCを買ったからパーツだけ欲しい……という方向けに、パーツだけのオススメを記載しておきます。
また、BTOパソコンショップなどで3,4万円台のPCを買って取り付けることで、安価なゲームパソコンを作ることもできます。

コスパ最強グラボ

ベストなのはGTX 1660Tiです。
価格が安い上に、性能も高く、最近のゲームの推奨スペックは優に満たせるほどの性能を持ちます。
まさにコスパ最強グラボで、3万円台で買えてしまうので、自宅のパソコンをゲーム機に変えてしまえる便利なグラボです。
たったこれだけでPS4 Proの画質を軽く超えます。高画質設定までなら余裕でしょう。
但し、消費電力が130Wなので、お持ちのパソコンに搭載する場合、電源は500W以上を確保してください。

GIGABYTE NVIDIA GeForce GTX 1660Ti 搭載 グラフィックボード 6GB WINDFORCE 2X ファンモデル GV-N166TOC-6GD
詳細情報

参考価格:¥34,316(執筆時調べ)
コアクロック:1800 MHz
メモリクロック:12000 MHz
端子:PCI-E 3.0 x 16
消費電力:130W

安くてナンボ!

低画質でも動けばいい!という方向けなのがコチラ。
最低スペック分は満たしているので、低~中画質程度なら動作します。
入門向けとしても最適な価格帯なので、手が出しやすいかと思います。
消費電力が少ないので、お持ちのパソコンにそのまま取り付けてもよいでしょう。

ASUS NVIDIA GT1030搭載ビデオカード GT1030-SL-2G-BRK
詳細情報

参考価格:¥8,788(執筆時調べ)
コアクロック:1,228MHz
メモリクロック:6,008MHz
端子:PCI-Express X16(3.0)
消費電力:30W

CPUも大事

パソコンの処理速度全体を上げるならば、やはりCPUは欠かせません。
CPUはパソコンの脳であり、ココのスペックが低いと、グラボ側に命令を送る速度が遅くなります。
よって、CPUの性能が上がると、カクツキが減ったり、読み込み速度が上がるので、限界性能を引き上げるにはCPUは欠かせません。

オススメなのはRyzen 5 2600。
価格帯的にも1.5万円台とお買い得。
ゲーム配信、動画撮影にも使える性能なので、搭載して損はないでしょう。

AMD CPU Ryzen 5 2600 with Wraith Stealth cooler YD2600BBAFBOX
詳細情報

参考価格:¥15,242(執筆時調べ)
6コア/12スレッド
クロック:3.2GHz

ワンランク上のCPU

もうちょっと性能が欲しいという方には、Ryzen 5 3600がオススメ。
価格は1万円アップですが、推奨スペックを優に満たしています。
今後発売するゲームに備えるという意味でも、良い性能ではないでしょうか。

AMD Ryzen 5 3600 with Wraith Stealth cooler 3.6GHz 6コア / 12スレッド 35MB 65W【国内正規代理店品】 100-100000031BOX
詳細情報

参考価格:¥26,160(執筆時調べ)
6コア/12スレッド
クロック:3.6GHz

最後に

ゲームをするならSSDは多めに積んでおきましょう。
また、サウンドカードを増設することで、臨場感をより高めることができます。
オンボードサウンドはしょぼいので、サウンドカードは搭載したほうが良いですね。

ボーダーランズ3に備えて最高の環境で、ボルトハンターライフを勤しみましょう!

ボーダーランズ3を購入(PC版) ※発売より1年間はEpic Games専売となります。その後、Steam版が解禁される模様です。


出典:Borderlands3/Gearbox Software

併せて読みたい記事はコチラ



    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「ハードウェア」の関連記事

「Borderlands」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧