【E3 2019】Watch Dogs Legion~舞台はロンドン、発売日も決定!

J.Stone J.Stone

E3 2019のUbisoftカンファレンスにて「Watch Dogs Legion」が発表されました。舞台はイギリス・ロンドンで、今作はチーム制のハッキングアクションになる模様。発売日も公開されました。

デッドセックの指揮官となる新たなWD

E3 2019のUbisoftカンファレンスにて、「Watch Dogs Legion」が発表されました。
ウォッチドッグス レギオンは、英国ロンドンを舞台にしたステルス&ハッキングアクションゲームで、ナンバリングタイトルとは異なる挑戦的な試みがなされています。

より管理社会化した世界観

まず、ctOSに支配された未来のロンドンは、ディストピア映画の様に厳しく監視されている様子がうかがえた。
重武装の警備兵に物騒な武装を搭載したドローンまで様々だ。
この辺りは前二作のシカゴやサンフランシスコよりも、更に強固な守りになっており、世界に展開したデッドセックがこの管理社会にどう立ち向かうかが注目される。

仲間は1人じゃない

更に、ゲームシステムも進化している。
まず、今作は主人公1人を動かすゲームではないということだ。
今作はチーム制であり、主人公はロンドンデッドセックの司令塔として各メンバーに指令を送り、行動してもらう事になる。
仲間の数が多く、それぞれに特徴がある。
トレイラーでは、クモ型ドローンを駆使する老婆の仲間も見られが、他にも戦闘向きであったりといった個性があるようだ。
そして、倒された仲間がどうなるのかも分からないので、もし死んでしまうのであれば戦略はより慎重になるだろう。

基本的なハックスキルは同じ

基本的なハッキングスキルはいつものウォッチドッグスだ。
配管を爆発させたり、電気系統を停止させたりといった基本的なアクションは健在。
しかし、これが強固な管理社会となった場合、より敵側の探知が早くなるのではないかと思っている。
今作はよりステルスと、各キャラクターの個性を生かした戦略がカギとなりそうだ。

気になる発売日は?

発売日は2020年3月6日を予定している。
プラットフォームはPC/PS4/XBOX対応。
価格はUplayでスタンダードエディションが $59.99 となっている
管理社会化したロンドンをctOSから救うよりタクティカルなハッキングアクションに期待しよう。

デッドセックは真実を言う、行動を起こせ!

JOIN US

公式サイトはコチラ
出典:Ubisoft

関連記事はコチラ

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「E3 2019」の関連記事

「E3 2019」の人気記事
新着・ニュースのカテゴリ一覧