【E3 2018】DEAD OR ALIVE 6 – やわらかエンジンは非採用!?

J.Stone J.Stone

E3 2018でも発表された人気格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE 6」の内容をご紹介。 今回のDOA6ではカッコよさを追求し、DOA5のようなお色気要素は控えめとなるとの事だが…

DEAD OR ALIVE 6、とにかくカッコイイを目指す

カッコよさを追求するDOA6

今作はDOA本来のスタイルであるカッコよさへの原点回帰を目指す。
よって、DOA5で注目されたお色気要素は控えめになり、逆に戦闘要素が前面に押し出されるゲームデザインとなる。
また、独自の物理演算「やわらかエンジン」は非採用となるようだ。
女性キャラクターだけでなく男性キャラクターにも焦点が当たるようになるだろう。

激しい戦闘演出

今作では、より戦っている感を重視する為に様々なダメージ演出が取られる様だ。
例えば、見た目が傷つく、血が出る、汗をかく、一部のコスチュームは破損する…といった内容だ。
これによって、より戦闘の激しさを演出することが出来、カッコイイアクションを体感できるとのことだ。

格ゲーのニッチさを変える

前作DOA5ではキャラクターの可愛らしさという部分で、格ゲーに興味のない層も引き込むことに成功したDOAシリーズ。
今作は更にそのニッチな格ゲー事情に切り込むようだ。
例えば、必殺ボタンの追加。これによって格ゲー初心者でも戦いやすくし、より安心設計がなされることとなる。
そして敷居が下がってより遊びやすくなる。
格ゲーの大会などでも使われるDOAシリーズだが、DOAの本来持つ良さは残しつつもやり込みユーザーしか楽しめない要素は極力なくしていきたいという事だろう。

ストーリーモードを改善

前作ではストーリーがややこしいとの評価だった為、今回はより分かりやすさを重視するという。
具体的な内容は明かされていないが、キャラごとにそれぞれストーリーが用意されている等の配慮がなされるかもしれない。
いずれにしろ、ストーリーは掘り下げられつつもより遊びやすい内容になるとの事だ。

DLCは未定

DLCのスケジュールは今のところ未定とのこと。
但し、大会などで使われる為、ゲーム内容のサポートは充実させるという。
また、お色気要素が控えめになったことで、逆に派生タイトルとして登場する可能性も期待できる。
いずれにしろ、DLCを含めてよりカッコイイ格闘ゲームを目指すことに変わりないという事だ。

発売時期とまとめ

発売日は2019年初頭の予定となっております。
プラットフォームはPC/PS4/XBOXに対応。
また質問の際に取り上げられた、スイッチ版の対応は予定していないとの事。
詳しいゲーム内容は今後公式サイトで明かされる模様。
DOAファン、格ゲーファンは期待してチェックしておこう。

DEAD OR ALIVE 6 公式サイト



    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「E3 2018」の関連記事

「E3 2018」の人気記事
新着・ニュースのカテゴリ一覧