【E3 2019】新作タイトル一覧 – 気になるカンファレンスまとめ

J.Stone J.Stone

E3 2019で気になる最新タイトルを全カンファレンスでまとめて掲載しています。各ゲームタイトルの詳細はリンクからどうぞ!

全てのカンファレンスまとめ

E3 2019で発表された気になる新作タイトルをご紹介していきます。
モシナラ情報局が選んだ期待の気になるタイトルをピックアップ!

昨年度のピックアップ内容


E3 2019を振り返って…

今年は前年に比べて勢いが落ちている印象がありました。
内容は2018年にE3で発表した内容や、年末に発表した内容に発売日やプレイ映像を付け加えての発表が多く、コレといった新作はありません。
また、時期主力ハードPS5とXBOXに合わせているのか、目玉タイトルはあまり多くありません。
2018年の発表が大豊作だけあって、やはり失速が見られましたがこれは仕方ありません。
SONYがE3に参加しなかったこともあって、発売の決まった「デスストランディング」の内容が明かされなかったのが残念です。

発表は勢いが落ちましたが、2019年から2020年はビッグタイトルのラッシュが続きますので、ゲーマーに休む暇はありません。
「The Outer Worlds」「Borderlands 3」「Ghost Recon: Breakpoint」は年内に発売日が既に決まっており、公式での内容発表が既にされているので気になる方は各公式サイトをチェックしてみましょう。
「Cyberpunk 2077」「Watch Dogs Legion」は2020年に発売。
「Wasteland 3」は発売日が決定していませんが、年内の発売を予定しています。恐らく日本語はありませんが、PC版で有志翻訳MODが開発されると思います。

PCゲームブースも、今年はEpic Game主導の影響なのか、UE4製のゲームが目立ち、面白そうなインディゲームが出てくることはほとんどありませんでした。
インディゲーは未だSteamが主戦場ですので、しばらくはSteamの天下が続きそうです。
個人的にインディタイトルでは「Starmancer」に期待しています。
また、「Terraria」の1.4大型アップデートが行われるので、まだまだ遊べるタイトルとなります。
ちなみに、TerrariaはPC版が980円という大変お買い得な値段なわりに、運営が絶えずアップデートを繰り返している値段以上のゲームに仕上がっています。
PCをお持ちの方は騙されたと思って買ってみてください!

各社のカンファレンスを見ていた感想はというと…

  • EAは、ANTHEMやバトルフロントがズッコケたことで会場もライブもしらけっぱなし。ゲームを作り込んで信用を取り戻すことを第一にした方がよさそうという印象でした。
  • Microsoftは今年一番のタイトル数で、SONYが参加しなかったこともあり、ココが一番盛り上がっていました。ほとんどのビッグタイトルがここから発表されましたので、一番インパクトが強かったように感じます。
  • ベセスダはFPSラッシュが続き、大作RPGタイトルは暫くお預けの模様。小粒のタイトルが続き、やや退屈な発表と言わざるを得ませんでした。Fallout76の不具合や失敗をトッド・ハワードが認めるシーンも見られ、今後も良いゲームにするための改善が続けられるようです。
  • Epic Game主催のPCゲームショーでは、UE4製のゲームが多くやや一辺倒な印象を受けました。インディゲーの力作はSteamに集結する傾向にあるので、頑張っているインディゲーに注目が当たらなかったのはマイナスポイントだと思いました。
  • Ubisoftは新作2本を主軸にスマートな発表となりました。去年の目玉であるディビジョン2のアップデートは運営サイドの失敗続きの影響か、反応が一番薄くなっていました。アップデートで悪化傾向にあるので頑張って開発して欲しいです。基本的にUbisoftは新作ペースが速いので、作り込む前に終わってしまう印象が伺えます。新作も作り込んで信用を取り戻してほしいと思います。
  • スクエニはリメイクの発表が多く、いつものスクエニという感じでした。
  • 任天堂は自社ハード故に時期主力ハードに備える心配がないことから、今年も自分たちの出したいタイトル、発表したいことをやっていたという印象です。E3以外でも発表していることから、いつも通りの任天堂という印象でした。洋ゲーが落ち目な今……純粋に面白く、一番安定しているハードメーカー&ソフトメーカーなので、これからもゲーム業界を支えて欲しいと期待しています。

それでは、全カンファレンスの気になるタイトルを見ていきましょう

モシナラが選ぶ、E3 2019の気になるタイトルはコレだ!

※モシナラではPCゲーム、特に海外ゲームをメインに取り扱っております。

各カンファレンスまとめ

Cyberpunk 2077

2020年、最も期待しているタイトル。
なんとキアヌ・リーブスが作中に登場します。
ブレードランナーを彷彿とさせるサイバーパンクな近未来のARPGで、ウィッチャーシリーズのような多彩な分岐が用意されている事でしょう。
開発はウィッチャーシリーズのCD Projekt RED。
全く外れる気がしない、力の籠ったタイトルです!

The Outer Worlds

2019年、最も期待しているタイトル。
フォールアウト1,2,NVを生んだ旧作スタッフが手掛ける最新作。
SF-RPGでこちらもテーブルトーク風の多彩な展開が用意されていそうなタイトル。
宇宙版ニューベガスともいえる、レトロフューチャーな内容で、VATSシステムのようなバレットタイム風バトルも健在!
ベセゲーマーが集結しそうな、フォールアウト好きの為のタイトルといえるでしょう。

Wasteland 3

ストラテジーRPGの天才にして、フォールアウトシリーズ&Interplay株式会社の生みの親”B.ファーゴ監督”率いるinXile Entertainmentの新作。
ウェイストランドシリーズが2となって奇跡の復活を果たした2014年、その続編が堂々の登場となります。
荒廃した世界で悪党から世界を救済するデザートレンジャーの物語で、前作アリゾナ~カリフォルニアの温暖な気候から打って変わり、今作は真冬のコロラドが舞台。
Falloutの姉妹作品ともいえる内容で、非常にコアでマニアックな作りだけに、カルト的ファンが多くいます。(私もその一人)
膨大なテキストと、数々の分岐からなるポストアポカリプス・ストラテジーRPGを堪能して欲しいです!

Borderlands 3

変な人しか出てこないクレイジーな世界で、Vaultハンターが財宝巡ってドンパチするハクスラシューターゲームの金字塔。
カートゥーン調で描かれる過激でお下劣な内容と、バカゲーなのか感動ゲーなのかわからない作風が絶妙にハマる名作シリーズです。
今作では宇宙に進出し、別惑星を開拓することになります。
前作キャラクターも続投しており、力を奪われたリリスと謎の悪党2人組の行く末が気になります。
個人的に爆発大好き野郎”Mr.トーグ”が続投してくれているとうれしいですが…。
もちろん、あのウザ可愛い可愛くないポンコツク〇ッタレロボットも残念ながら登場しますがね。

Halo Infinite

時期XBOXの主力タイトルとなるMicrosoft黄金タイトルHalo。
今作では宇宙を漂流していたマスターチーフが救助され復活します。
日本ではあまり注目されないタイトルですが、海外では絶大な人気を誇り、アメコミヒーロー並みの扱いを受けているビッグタイトルです。

Dying Light 2

ホラーサバイバルの名作の続編。
爽快系ゾンビゲームが多い中、自由な戦略と遊び方が未だにプレイヤーを離さないタイトルです。
2ではどう進化するのか期待されます。

DOOM Eternal

お馴染みのDOOM。いつものDOOM。
今作もデーモンを粉砕して粉砕して粉砕するゲームです。
対戦モードも追加されますが、基本は粉砕しまくるゲームです。
怪物どもの肉片を撃って散らかし、死体と血の海を築き上げよう。

Starmancer

インディーズの宇宙ステーション管理シミュレーションゲームで、最も期待するインディタイトルの1つです。
全てがドット絵で描かれており、外敵から守ったり、災害に対処したりと常に選択に迫られる内容。
毎度ランダムにスタートし、ゲームオーバーになったら終了というサバイバル要素も。

Watch Dogs Legion

舞台は管理社会化した英国ロンドン。
デッドセックの指揮官となり、チームを率いてctOSに立ち向かいます。
数多くのキャラクターが登場し、それぞれスキルが異なるようで、キャラクターを使い分けた戦略がウリになりそうです。

Ghost Recon: Breakpoint

ゴーストチームのやり方に疑念を持った仲間が離反し敵対。
主人公は前作ワイルドランズのノマドで、今作ではたった一人のようです。
本作はステルスシューターに加えて、サバイバル要素が追加。
死体を運んだり、怪我を治療したり、食事をとったりといったメタルギアソリッド3を彷彿とさせる要素が伺えます。
もちろんCo-opも健在で、フレンドと協力して敵勢力に対抗しましょう。

Final Fantasy VII Remake

リメイクするといって数十年が経過し、ようやくリメイク版が登場するFF7。
PS時代から進化したグラフィックや、現代アレンジされたアクション戦闘システムなど、全く違うゲームになっています。
当時のファンや、当時を知らないFFファンは期待していいのではないでしょうか。

ルイージマンション3

びびりまくりの可愛いルイージが再びゴーストと戦います。
多彩なアクションも追加され、より幅の広がりを感じる正統進化作品になっています。

聖剣伝説3 Trials of Mana

聖剣3がまさかのリメイク。3DCGとなって生まれ変わります。
キャラクターもCGになり可愛くなっていました。

ウィッチャー3 スイッチ版

歓喜のあまり画面の前で思わず叫ぶほどのサプライズ。
世界最高とも言えるRPG「ウィッチャー3」が手軽に遊べるハードにやってきます。
膨大で自由なストーリーに触れてみてください。

ブレス オブ ザ ワイルド 続編決定!

(∩´∀`)∩

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「E3 2018」の関連記事

「E3 2018」の人気記事
新着・ニュースのカテゴリ一覧