【ディビジョン2】舞台はワシントンDC、発売は2019年3月15日【E3 2018】

J.Stone J.Stone

E3 2018で発表された「Tom Clancy's The Division2」の最新トレイラーとその映像からわかる新要素をご紹介。 また舞台は冬を終えたワシントンDCとなり、自然と都市部が調和した新たなステージデザインにも期待が寄せられる。

色彩豊かになったディビジョン2

舞台はワシントンDC

気になるその舞台はワシントンDC。
前作は冬のニューヨーク市街地であったが、今作では時期は春頃なのか、1と違って雪化粧ではなく色彩豊かな緑が広がっている。
また、市街地だけではない舞台となるようで、自然の中、市街戦と単調になりがちだった1のステージの欠点を改善しているように思える。
自然と都市部が調和した新たなステージデザインにも期待できそうである。
1のエージェントやアーロン・キーナーの行方が気になるところだが、それらは更なる詳細を待とう。

気になる戦闘システムは?

戦闘システムは1とさほど変わらず、UIもさほど変化はない。
よって、ディビジョン1をやり込んだ古参プレイヤーも今まで通り安心してプレイできそうだ。
ただし、装備画面は「ゴーストリコン:ワイルドランズ」寄りになっており、より見やすくなっている。
ディビジョン1のトレイラーだけの実装に終わってしまったよりスタイリッシュなUIを2では拝む事が出来るだろう。


よりスタイリッシュなメニューに。お馴染みのKriss VectorやライトウェイトM4の存在も確認。

多彩な武器が登場

トレイラーでは、グレネードランチャーが実装されていた。
また、敵がクロスボウなども用いる様子も描かれており、より多くの武器が登場しそうだ。
1では、6種類だった武器種も、どこまで増えるのかが気になるところではある。

戦略もより多彩に

1ではあまり意味を持たなかった部位攻撃機能であったが、今作ではより力を入れられているようだ。
トレイラーで挙げられていたのは、防護服などを壊す部位破壊機能である。
これによって重装兵の走行を剥がすことができるようだ。
また、単調になりがちだった1のクエスト内容もよりオープンワールドを生かした作りになるようだ。
クエストクリア後にヘリ要請を行っていたことから、「メタルギアソリッド5:ファントムペイン」のような自由なミッション形態が予想される。
いずれにしろ、課題であったコンテンツ不足と単調さは改善され、また1の幾度となく繰り返された修正で生かされた課題(ドロップ率やクエスト回転率)なども改善されているような感じに見受けられる。

気になる発売時期は!?

発売は2019年3月15日
これに合わせてディビジョン1のセールなども行われる様だ。
また、1では引継ぎ要素である「シールド」クエストなども近々実装予定であり、これらをやり込んでおくことで2での特典や引継ぎ要素に影響が出そうである。
ただ、DLCが出そろっている1も引き続き遊べるタイトルであるのは間違いないので、今から両方買っておくのも十分ありである。

また、同じポストアポカリプス路線である「Fallout76」もDC周辺であり、舞台の類似があるので比較して楽しんでも良いかもしれない。
ディビジョン2は前作の欠点を改善して名作となる可能性を秘めたタイトルである。
ニューヨークのエージェント諸君、ワシントンDCで再び会おう!

オープンベータの内容はコチラ

(画像出典:Tom Clancy’s The Division2/UBI Soft)

The Division2 公式サイト

E3 2018 ディビジョン最新情報

ディビジョン1のストーリーを見直すならコチラ

ディビジョンの攻略・情報記事のまとめはコチラ

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「E3 2018」の関連記事

「E3 2018」の人気記事
新着・ニュースのカテゴリ一覧