もしも~ならを極めるサイト

 

【E3 2018】Fallout 76 – 発売は2018日11月14日

J.Stone J.Stone

E3 2018のベセスダブースで発表された期待の新作「フォールアウト76」の発売日とE3映像からわかる内容をご紹介。

Fallout 76 – オンライン対応のプリクエル作品

今回は完全にオンライン

オンラインサーバーが必須となるようです。
よって、1アカウントにつき1キャラクター。
もちろんソロプレイも可能な様ですが、そのソロの幅がMODが使えるレベルでのソロなのか、ただのPvEなのかは不明。
ただ、見た感じではARKのようなトライブ(パーティー)制が取られ、PvPも行われる模様です。
PvP嫌いのプレイヤーにどこまで対応できるかも気になります。

どこでも建築可能

Fallout4で行えた建築は拠点の限られた範囲でしたが、今作ではどこでも自由に建築が可能。
しかも今回は建物がしっかり壊れるので、外敵からの防衛が必須となります。

戦闘システム

気になる戦闘システムですが、FO4ベースのFPS戦闘に変わりはありません。
但し、多人数のオンラインゲームですのでVATSはなさそうです。
FPSが苦手なプレイヤーにも楽しめるのがウリであるフォールアウトですが、果たしてこの部分をどう解決するのか気になるところです。

核が撃てる!?


ス●エエエエク!核を止めろおおお!という声がどこからか聞こえてきそうですが、どうやら核ミサイルを発射できるようです。
これによってプレイヤー自信が過ちを繰り返すという状況に…。
恐らくですが、PvPでの一部勢力の独占を阻止する為に設置されていそうです。

色彩豊かな情景

舞台はウェストバージニア州。
戦後直後であり、キャピタルに近いということで外は完全に荒廃しきってると思われていましたが、意外にも草木が生い茂っているようです。
但し、都市部ではどうなっているのかわからないので、今後更なる詳細とオープンベータによって明らかになるでしょう。
また、過去作ではみられなかったクリーチャーも多数出現し、自然の豊かさを強調する形になっています。
(どこか不気味な感じがFO3のポイントルックアウト感がします)

オンラインならではの要素も

マルチプレイ対応ということで、オンラインならではの要素もいくつかありました。
例えばエモート機能であったり、拠点を一緒に作って楽器演奏をしたりなど。
もしも身内だけで遊べる設定ができるのであれば、友達と一緒に建築をするといった事ができるかもしれませんね。

気になる発売時期は?

2018日11月14日発売です!
しかも、事前にオープンベータが開催されるので、フィードバックや体験が可能。
特にベセスダ制RPGはソロプレイ特化な深い内容がウリでしたので、この辺りがネックになって購入を戸惑っているプレイヤーへの配慮と思われます。
まずはベータを試してみて、それから合えば購入してみてはいかがでしょうか。

(出典:Bethesda Softworks/Fallout76)

Fallout76 公式サイト



    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「E3 2018」の関連記事

「E3 2018」の人気記事

新着・ニュースのカテゴリ一覧