コスパ最強グラボ『GTX 1660 Ti』がアツい理由

J.Stone J.Stone

ゲーミングPCの核を成すのはグラボですが、今回はなんと”3万円台”で買えてしまうコスパ最強の安くて高性能な『GTX 1660 Ti』をご紹介。何故GTX 1660 Tiはアツいと言えるのか、その理由を解説します。

『GTX 1660 Ti』がアツい理由

皆さん、ゲーミングPCはどんなグラボを使っていますか?
グラフィックボードは1,2年おきに新型が発売されますが、当然ながら新型の性能が右肩上がりになっていきます。
よって、性能をひたすら求めたい方は買い替えになるわけです。

とはいっても、よほどこだわり派でない限り、グラボの性能が厳しいと感じるまで使い倒すのが普通と思います。
そもそもハイエンドGPUは値段が高いので手を出さないという方も。
結果としてPCゲームを最高画質でするのを諦める代わりに、安価なミドルエンドGPUが人気となります。

しかし、そんなミドルエンドGPUの中でも、稀に十分すぎる性能の型が発売されることがあります。
それが今回ご紹介する『GTX 1660 Ti』です。

コスパ最強すぎ!!

結論から言うと、『GTX 1660 Ti』は以下の評価となります。

  • 3万円台とは思えぬ高性能
  • 数年前の最上級ハイエンドモデルと同格の性能
  • ビデオメモリ6GB搭載で、高解像度テクスチャがサクサク読み込む
  • ハイエンド並みの性能でMODやシェーダーなど拡張しても重くならない

結果、コスパ最強と言わざるを得ません。

むしろ、ゲーミングPC買うなら『GTX 1660 Ti』で充分じゃね!?と思える性能を発揮しています。
ちなみにですが、『GTX 1660 Ti』は性能がハイエンド並みに高いので最高画質設定でも余裕で動きます

ベンチマーク比較

わかりやすくベンチマークを比較してみましょう。

情報出展:passmark.com

なんと、1,2年前のハイエンドGPU「GTX 1070」よりもわずかに高スペック。
GTX1070は当時8万円以上したので、3万円でそれ以上となると相当です。
しかもGTX980Tiは、3.4年前の最上級ハイエンドモデルですが、こちらも上回っています。
クロック数という性能数値もGTX980Tiより高くなっており、GTX1070とは互角の数値です。
ちなみにですが、GTX1070もGTX980Tiも、現役でバリバリ動くハイスペックグラボなので、3万円でガチな画質厨と渡り合えるという事になります。

参考までにですが、「GTX980Ti」はFallout4やSkyrimのUltra設定に高画質化MODと、ENBというライティング強化MODなどをアリッたけぶち込んでも60FPSで軽々動くハイスペックっぷりです。
どれぐらいこのMOD環境が凄いかというと、最近発売されているどの2019年製ゲームよりも遥かに高画質です。
つまり、GTX1660Tiも恐らく同じ域に達することができるという事になります。

消費電力も120W台。
150W以上のハイエンドモデルより低いながらも性能が高いわけですから、『GTX 1660 Ti』は2019年現在ぶっちぎりで最高のグラボと言えるでしょう。

尚、上記で書いたMODの力で作り出した超高画質環境を”4K画質”などで遊ぶとなると、流石にグラボの性能が厳しくなります。
その場合は「GTX 1080Ti」や「RTXシリーズ」のハイエンドモデルをおススメ。
また、RTXシリーズは基本的にオーバースペックなので、個人的には「GTX1080Ti」をおススメします。
但し、RTX2070以上のハイエンドGPUは、2K/4K画質などで遊ばないというのであれば、余剰スペックともいえるので、GTX1660Tiは十分すぎる性能と言えます。

GIGABYTE NVIDIA GeForce GTX 1660Ti 搭載 グラフィックボード 6GB WINDFORCE 2X ファンモデル GV-N166TOC-6GD
詳細情報

参考価格:¥34,316(執筆時調べ)

最高画質余裕なタイトル

参考までに最高画質設定が60FPSでサクサクなタイトルの一覧をまとめています。
尚、NPCやオブジェクトが増えすぎて処理落ちするのはCPUやメモリ限界なので考慮しません。
サーバーが遅かったり、ゲーム自体がバグで重いのも考慮しません。

Fallout3/NV→MOD環境でも超余裕
Fallout4→MOD環境でも余裕、市街地の場所によっては重い
Fallout76→余裕(鯖が…)
Oblivion→MOD環境でも超余裕
SKYRIM→MOD環境でも余裕
Withcer3→MOD入れても余裕
Division1→シェーダー入れても余裕(但し鯖)
Division2→稀に草木の影が若干重いぐらい
Ghost Recon:Wildlands→余裕
Ghost Recon:Breakpoint→余裕
Rainbow Six Siege→余裕
Watch Dogs1→超余裕
Watch Dogs2→余裕
For Honor→余裕
Anthem→余裕
Metal Gear Solid V→余裕
Ark Survival Evolved→余裕
No Mans’ Sky→余裕
Ace Combat7→余裕
Borderlands2→超余裕
Borderlands3→余裕

Division2は草木が多いので、最高画質だと場所によって重いかな?と感じる部分がありましたが、それ以外は特にありませんでした。
オンラインタイトルはロード時間を加味して画質激重になることは少ないので、どちらかというとソロプレイのオープンワールドRPGや、アーリー版の3Dインディゲームなどの方が重くなる傾向にあると思います。
事実、この中で処理が一番重いのは、Fallout4のMOD環境です。(ゲーム自体のもっさり感もありますが)

結論、安くて最高!

という感じなので、「GTX 1660Ti」は3万円ながら、ゲーミングPCを買う際は最高と言える性能となります。
GTX 1660Ti搭載モデルならば、予算10万円台で買えるのではないでしょうか。
もちろん、旧型からグラボを買い替える際にも最高なので、十分使い倒せます。
値段が安いのでオーバークロックも安心してできますね!

ゲーミングPCを買いたい方、グラボを乗り換えたい方は是非とも、検討してみてください。

玄人志向 NVIDIA GeForce GTX 1660Ti 搭載 グラフィックボード 6GB デュアルファン GALAKURO GAMINGシリーズ GG-GTX1660Ti-E6GB/DF
詳細情報

参考価格:¥32,727(執筆時調べ)


関連記事はコチラ

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「周辺機器」の関連記事

「ハードウェア」の人気記事
パソコン・スマホのカテゴリ一覧