SSDの寿命と耐久性|HDDよりも寿命が長い!?

J.Stone J.Stone

今回はSSDの寿命や耐久性について解説していきます。PCを高速化できる記憶媒体ですが、その値段に見合った寿命や耐久性が懸念されています。実はSSDがHDDより優れているという点も踏まえながら今回はSSDの寿命に迫っていきます。

SSDの寿命と耐久性について

SSDはPCの起動を高速化できる記憶媒体として、HDDに代わるものとして近年では非常に注目されています。
しかし、一方でかなり下がったとはいえ、まだまだHDDよりも値段が高く、しかも寿命や耐久性、半導体の劣化問題という難点などから導入を躊躇している方が多くいらっしゃるようです。
そこで今回は、そんなSSDの寿命や耐久性がどの程度のモノなのか、詳しく解説していきます。

SSDとは?


SSDはソリッドステートドライブの略称で、半導体記憶装置です。
世間一般で普及している記憶媒体であるHDDは磁気記憶であり、ディスクを回転させ、ヘッドと呼ばれる読み取り部分を駆動させることで読み書きを行っています。

しかし、SSDはそれがありません。
SSDは電子を記憶素子内に留めることで記憶を保持します…行ってみれば人間の脳に近い構造と言えるのかもしれません。
とにかく、SSDは駆動部分がないので非常に静かであり、またディスクが傷ついたりヘッドなどが動かなくなったために故障するといったケース、更にそれの原因となる衝撃に対して非常に強い媒体です。

しかし一方で、SSDは寿命や耐久性に対して疑問視しているケースも見られます。
まず使用していくと素子が劣化するため、データが破損するといった故障。
また、電子を閉じ込めておく絶縁体も劣化する為、使わず放置しておくと電子が抜けて記憶が欠落するという事。
では実際のところはどうなのでしょうか。

SSDはHDDよりも寿命が長い!?

これはSSDの耐久テストを実施した動画です。

内容は英語なので要約していきますが…
結論から言えば、SSDの寿命は問題ないという事がわかります。

まず、SSDの耐久年数を図る為、常時大量の書き込みを行わせ、いつ劣化による故障が起こるのかをテスト。
その結果は、意外にも耐久性に信頼性のあるインテル製700TB書き込みをした時点で破損。
そして耐久性と価格のバランスが良いとされるサムスン製はなんと2400TBで破損…つまり2.4PBという容量を書き込みさせることに成功。
サムスンを例に挙げるならば、1日に50GB分の読み書きを毎日行ったとしても、「48000日」持つという計算になります。
年数に換算すると、なんと耐久年数は「131年」となります。(!?)

しかも、毎日50GBの書き込みなど、現代の環境を考えて常識的にまずありません。
ゲームユーザーに例えるならば、毎日にレインボーシックスシージのクライアントをDLして消したとしても131年持つという計算になります。
これで、SSDの劣化に対する懸念は晴れたかと思います。
(ちなみに、毎日10GB書き込みを行った場合でも 約657年 持つ計算になります。)

何故これほどに劣化が懸念されるのか

SSDの劣化破損はそもそもSSD登場時の初期段階で問題になっていただけであり、近年ではこのように耐久性も改善されています。
また、SSDの耐久性をフラッシュメモリやSDカードと比較しているケースもありますが、こちらも正しくはありません。
持ち運びできる小さなフラッシュメモリはそもそも長期使用を目的にしておらず、また読み書きを制御するコントロールチップが破損してしまう、持ち運んでいる際に落としたりして物理的に壊れる、抜き差しを繰り返したために端子が破損する、書き込み中の無理な引き抜き、安全な取り外しを行わずに抜き差しして破損…といったことが原因なので、常に固定接続されたSSDでは起こり得ない現象と言えます。

また、HDDに関しても耐久性は別に高いわけではありません。
HDDの寿命は、PCを頻繁に利用していると大体5年ぐらいで来ると言われています。
これは、ヘッドの駆動部分の擦り減り、ディスクの傷などが原因であり、長期保存に向いていると思われるHDDはむしろあまり耐久性が高くないことも。
特にノートPCなどでは、持ち運びによりこの物理破損が起こりやすいので、ノートパソコンの寿命を下げている1つの要因ともなっています。
つまり、HDDよりもSSDの方が実は耐久性が高い事がわかります。

さらに言えば、パーツの寿命はそもそも個体差があり、不良品を引けばどんなに良いとされる製品でも壊れます。
また、地震や停電、静電気、湿気などの外的要因によっても破損していくため、パーツがすべて悪いとも言えません。
ある意味、故障は…特に初期不良や1年以内の破損についてはであるともいえます。
冷蔵庫買ったのに1年で壊れることもあれば、10年持つこともありますよね?パソコンも電化製品なので結局同じことなのです。
値段に対して寿命が適正ではない…という考えは改めなければならないでしょう。

もう一度言いますが、SSDの寿命や耐久性には全く問題がありません。安心してご利用できます。

オススメのサムスン製SSD

さて、そんな耐久性が分かったところで今回はオススメのサムスン製SSDをご紹介して終わろうかと思います。
寿命131年の耐久性を持ちながら、価格も抑えめであるSSDとしてサムスン製は非常にオススメです。
是非、パソコンを高速化したい方は、今後SSDをメインで使ってみてください。


256GBモデル – システム用に最適
512GBモデル – 基本的なゲーム目的に最適

ITBモデル – ゲーマー&MODユーザーに最適

SSD選びについての注意点とポイント



    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「ハードウェア」の関連記事

「ハードウェア」の人気記事
パソコン・スマホのカテゴリ一覧