madmax

もしも世紀末なテーマパーク…『ウェイストランド』があったら!?

J.Stone J.Stone

空前絶後のポストアポカリプスブーム。廃墟、砂漠、改造車、モヒカン、ヒャッハー! そんな狂った世界がテーマパークとして存在したらどれほど嬉しいか…。 しかし、あまりにも過激すぎる世界観は、倫理的にテーマパークにし辛いのも事実。 だからこそココに、妄想企画として実現する…。 その名も、もしも世紀末のテーマパークがあったら!?そんな体で今回は考えてみました!

世紀末…それはロマン

世紀末…海外ではポストアポカリプスと呼ばれる狂気的で退廃的な世界設定は、
マッドマックス、北斗の拳、フォールアウト等により一躍有名になりました。
特に、現在は再びそのポストアポカリプスブームが再来し、
映画やゲームで多く目にすることが多くなってきました。

アメリカ等ではマッドマックス集会なるものが開かれたりと、改造車やコスプレで賑わうのを海外のWEBサイトなどで目にします。
しかしながら、そんなカルト的人気を誇る世紀末世界ですが、テーマパークは倫理上の問題なのか…現在の所存在していません。

madmax
出典:MAD MAX FURY ROAD

あるのは子供だましのファンタジーばかり。
良いかよく聞け!必要なのは血と錆だ!狂気だ!マッドだ!マッドマックスだ!
ヒャッハー!!ウォーボーイズ!!V8!V8!

そんな感じで私の中のマッドでマックスな魂も燻ります。
では、もしそんな世紀末をモチーフにしたテーマパークがあったら、いったいどんな感じになるのでしょうか。

題して…『もしも世紀末なテーマパークがあったら?』
今回は私がそのテーマパークを創設したという設定で進めて行こうと思います。

interceptor
出典:MAD MAX2

これが世紀末パーク…ウェイストランドだ!

『オメェら!地獄へようこそ!』


出典:MAD MAX2

世界でも唯一の世紀末パーク…「ウェイストランド」が開園しました。
広大な砂漠に作られた本テーマパークは、ポストアポカリプス…世紀末の世界をより深く楽しんでいただけるように作られております。
その為、非常にバイオレンスな演出も多数存在致します故、心臓の弱い方は入場をお控え頂けますよう、あらかじめご了承ください。

では、今回はそんなウェイストランドの魅力をたっぷりと紹介していきましょう!
※繰り返しになりますが、テーマパークがあったらと仮定して話を進めます。実際にそんなテーマパークは有りません。

madmax
出典:http://wasteland-warriors.deviantart.com/

入場ゲート

まず、入場ゲートです。
モヒカンにスパイク付きのレザーアーマー、ボディペイントを施したヤバそうな係員がチケットを確認していきます。
係員は所謂レイダーに扮している為、この時から既に敬語などでの優しい対応はありません。

荷物検査やチケットの確認が済んだら、手首に焼き印風スタンプを押されます。
雰囲気をより味わいたい方には、手首に手錠風のリストバンドや、奴隷用の首輪風アクセサリーを購入して入場できます。
コスプレで楽しみたい方は、コスプレのまま入場することも可能です。ただし、安全の為武器は没収されます。

ゲートをくぐると、ここから既にマッドな雰囲気が漂います。
壁のあちこちには落書きや血痕、銃痕の数々…。遺体が吊られ、辺りにも死体が転がっている始末。更には改造車(園内タクシー)の爆音とレイダーの雄叫びがコダマしています。
尚、これらはすべてセット(作り物)なので、安心してお楽しみいただけます。

madmax
出典:Social Actions

エリア紹介

さて、ここで簡単にエリアを紹介していきましょう!

デザートエリア

一面岩や砂漠に追われた、マッドマックス2やフューリーロード、フォールアウト:ニューベガスのような舞台です。
時々砂嵐演出や、爆速するバギーなどが観られます。トカゲも歩いています。
ウェスタンっぽい演出も見られ、まず行きたいエリアでしょう


出典:Fallout

キャピタルエリア

かつての大都市の廃墟をモチーフにしたエリアです。
フォールアウト3や、猿の惑星:新世紀、ウェイストランド2などがモチーフです。
僅かに緑が残っていたり、建物の面影が多く残りますが、ガイガーカウンターが大きく反応します。(演出です)


出典:http://stuffpoint.com/apocalyptic-and-post-apocalyptic-fiction/image/243390/post-apocalyptic-city-wallpaper/

サイバーエリア

ターミネーターやブレードランナーの様に、退廃した未来都市のエリア。
ここではレイダーは影を潜め、代わりにロボットによる演出が見られます。
ここでしか食べられない「ブレードランナーうどん」もお見逃しなく!


出典:http://stuffpoint.com/apocalyptic-and-post-apocalyptic-fiction/image/243390/post-apocalyptic-city-wallpaper/

汚染エリア

放射線に汚染され、誰も住めなくなったような世界をイメージしたエリア。
緑や黄色など有毒っぽい霧が立ち込め、ジメジメでどろどろの発光体などが散乱。
フォールアウト4のグローイング・シーや、マッドマックス・怒りのデスロードの湿地帯のような世界を再現。
当然全ては演出なので、全くの無害になっています。


出典:Fallout Wiki

園内タクシー

園内は非常に広く作られております。
その為、園内を歩き回るのに非常に疲れてしまう方もいらっしゃるでしょう。
そこで園内タクシーを巡回させております。

お近くの停留所に、ヒャッハーなバンや、バス、バギーなどが定期巡回でお迎えにあがります。
こちらの利用はなんと無料になっておりますので、どんどんご利用ください。
ただし、タクシーは非常に人気になっておりますので、非常に込み合います。

タクシーは、園内の荒野を爆走します。
時折運転手はヒャッハーなどと奇声を発し、車によっては炎を吹き出すなどの演出も観られます。
非常に爆音だったり、派手ですので、お子様連れは十分留意してご利用ください。

madmax
出典:Mad Max Wiki

乗り物・アトラクション

◆デス・コースター(ジェットコースター)

まず大きく目を引くのがジェットコースターですが、このジェットコースターは普通のモノとは一線を画します。
構造自体は非常に一般的なものとなっておりますが、極めつけはこの演出と装飾にあります。
まず、乗り物はドクロや骨、廃品的演出などの装飾が多くされており、既にヤバめな雰囲気を醸し出します。

更に、このジェットコースターは非常に爆音を発し、ケツからは炎を吹き出します。
それだけにとどまらず、コース上には串刺しドクロや、火炎放射、砂嵐(煙による演出)など、とにかく演出過多。
レールというフューリーロードを突っ走る、まさにマッドな乗り物です。

極めつけは、クライマックスの大爆発。
ひたすら爆発の中を駆け抜け、宙をバイクや車が飛び交う演出が入ります。


Daily Mail

◆デス・サークル(観覧車)

次に目立つのが観覧車。
こちらも一風変わった観覧車になっています。

まず、この観覧車は地下からスタートします。
演出としては、地下で移動式の檻に閉じ込められ、どこかに運ばれていくというような感じです。
籠は全部錆びています。それだけにとどまらず、窓ガラスは鉄格子になっており、まるで本物の牢獄のような気分。
更に、内装は誰かが刻んだ悲痛な文字や、しゃれこうべなどが散乱、不気味な雰囲気を演出します。

序盤の地下エリアが終わるといよいよ地上に出ます。ここからは園内を見渡すことができます。
そして頂上へ。恐らくウェイストランドの全貌が見渡せるでしょう。
しかしここで、頂上に来たカートには放送が入ります。

『ヴァルハラへの準備は整ったか!?』的な世紀末っぽいセリフが流れたあと、籠が軋みをあげます。(音による演出)
籠は次第に下がっていきますが、なんとその下に見えるのはマグマ。とうとう処分されてしまいます。
が、安心してください。これらは全て光による投影演出です。

そのマグマをくぐり抜け、暗闇を進むとようやくスタート地点に戻ってきます。
これで観覧車の1周は終了になります。


出典:https://www.flickr.com/photos/fritz1994/18528469870

◆下水道(お化け屋敷その2)

こちらは非常に凝った演出はないお化け屋敷ですが、
その舞台が下水道や、廃棄された地下シェルターをモチーフにしており、
その薄汚れた感じや雰囲気で恐怖感をあおります。

各組にはガイガーカウンターが配られます。
中に入ると、辺りには骨や死体が散らばり、壁にも血だまりが。
当然水ものこっており、若干の臭い演出も存在。
更に突然警報が鳴ったり、ドアが閉まるような音が鳴ったりとじめっとしたどっきりを演出。
また、持たされたガイガーカウンターが、一定エリアに入ると突然なり始めたりと、核戦争後の世紀末的演出。

最後にはいきどまりの部屋に誘導され、目の前のディスプレイには「GO TO HELL」の文字が…。
そして突然毒ガス風のスモークが噴き出します。
その後隠し扉が開き、退場ゲートに誘導されるという内容です。

ポストアポカリプス系ゲームで地下のダンジョンを進んでいる感じを楽しむことが出来ます。

madmax
出典:http://www.sharenator.com/Sewerage_from_Inside/

◆マッドハウス(お化け屋敷)

お次はカップルに人気のお化け屋敷。
しかし、こちらも一風変わったお化け屋敷。
まず、世紀末ですので幽霊やお化けは出てきません。
その代りに、レイダーや野犬、ロボットによる恐怖です。

外観や中はいたって普通の廃墟ビルになっており、薄暗い雰囲気が漂います。
そこに、血まみれで釘バットを持ったレイダーや、犬やロボット(これらは作り物)が追いかけてきたり、
突然襲い掛かってきたりと波乱の数々。
更には天井から死体が降ってきたり、血が降り注いだり、煙が噴き出したりととにかく逃げたくなるような演出の数々。
極めつけに、建物自体が振動しはじめ、倒壊するようなそぶりを見せます。

ただし、これら演出の準備などに多少の時間がかかる為、ある一定期間での入場となります。
また、ツアーのように一度に複数人を引率する形になります。
予めご了承ください。
もし少数で回りたいのであれば以下のお化け屋敷もございます。

◆フューリーロード(ゴーカート)

インターセプターV8や、世紀末バギーをモチーフにしたゴーカートに乗って、イカレた演出がされたサーキットを走ることが出来ます。
また、大人向けゴーカートとして、実際の車を専用サーキットで乗り回すことも可能です。
大人向けサーキットにはスタッフ扮したレイダーが、一緒に走ってくれる演出もあります。
尚、大人向けの車は実際のV8エンジンを搭載している為、搭乗には免許証の提示が必要です。


出典:MAX MAX Fury Road

◆マッド・アラウンド(メリーゴーランド)

ドクロや死体の吊り下がった、錆錆の哀愁漂うメリーゴーランドに乗ることが出来ます。
華やかな音楽はなく、機械の故障を演出するたびにノイズも交じります。
ひたすらに物悲しい核戦争後の世界を堪能できます。

◆回転拷問台(コーヒーカップ)

檻に閉じ込められ、拷問にかけられているという体で進行するコーヒーカップ系アトラクションです。
高速で回転し、スピーカーから流れる世紀末の独裁者の演説を聞くことになります。
大体の籠には骨も同乗しています。

◆奴隷市場(サファリパーク)

カートに乗せられ、奴隷市場のような場所を回るというアトラクション。
客=売られた奴隷という体なので、「お前らもこうなるんだ」的な放送を聞かされます。
ひたすらに絶望感を味わっていただきます。

◆シューティングゲーム

選ばれしウェイストランダーとなって、レイダーや野良犬、野犬を倒すというシューティング系アトラクション。
自動で動くカートに乗って移動し、銃はソードオフショットガンや、いかにも古臭い機関銃などが備えられています。
砂漠、鉱山、下水道、ゴーストタウンなど、世紀末の代名詞をどんどん移動していき、まるでゲームの世界に入ったように楽しめます。
ハイスコアを取ると、入り口に名前を刻んでくれます。

◆射撃エリア

なんと本物の射撃場をご用意。
厳重な安全管理の元、園内で射撃を楽しむことが出来ます。

ソードオフショットガンやスコープ付きリボルバー、更には信号弾まで…様々な銃器を扱えます。
ただし、弾代は別料金であり、安全の為に、事前確認にお時間を頂きますのであらかじめご了承ください。


出典:Fallout Wiki

◆世紀末ショー in サンダードーム

サンダードームという大きな会場にて、モヒカンヒャッハーな方々による過激なショーを見ることが出来ます。
昼2回、夜1回の1日計3回御座います。お見逃しなく。

ファイヤーダンス、マックスターン、空中曲芸、本物のスタントマンによるアクション等々。
更に、特別ゲストとして、稀に実際の俳優さんや映画監督を招くことが御座います。
ジョージ・ミラー、メル・ギブソン、トム・ハーディ他、そういったイベントも開催。

情報は公式ホームページ上に掲載されます。
尚、ファンが殺到しますんので、チケットのご予約はお早めに。
(※この記事はあくまでジョークです)

Thunderdome
出典:Mad Max Wiki

フードコート・休憩エリア

◆休憩エリア

流石に終始マッドだと疲れてしまうので、休憩エリアになる屋外シアターを用意。
廃車風の椅子等でくつろぎながら、マッドマックスなどの名作映画を眺められます。


出典:US105

◆食べ物・フードコート

各場所にあるフードコートも世紀末演出たっぷりです。
脱線した列車、廃墟のダイナー、キャラバンなどが食べ物や飲み物を販売します。

食べ物のメニューは『戦前の〇〇』のように、いかにも戦前っぽい食べ物を演出したり、
人肉やドックミート等、世紀末フードっぽいものまで様々。
蛮族が食い散らかしたようなディッシュメニュー、謎のお粥、ドッグフード(中身はスープや肉など)もあります。
※尚、メニュー名だけで実際に人肉や犬肉を使っているわけではありません。

某テーマパークに存在するようなポップコーン屋の代わりに、ビーフジャーキー屋があります。
肉を食い散らしながら園内を歩いて、世紀末気分に浸りましょう!

また、飲み物には瓶コーラや酒もご用意。
更に極めつけに、なんと名作ゲームシリーズ『フォールアウト』とコラボし、ヌカコーラを楽しむことが出来ます。
各地には自販機もありますので、気軽に飲んでみてください。
クァンタムもありまぁす!

ショップエリア

大型のおみやげコーナー、フードコート、ホテルなどが密集するエリア。
戦前の施設を街にしたかのような世界観で、退廃的な感じを楽しめます。
・戦前のモーテル風ホテル
・地下シェルター風レストラン
・ガソリンスタンド風レストラン
・キャラバンの休憩所風お土産売り場
など、様々な映画、ゲームのオマージュ勢ぞろい!

おみやげ紹介

ウェイストランドを訪れた際には、世界観の余韻に浸れるようなお土産を多数用意しております。
・ロードウォリアー風革ジャン
・イモータンジョーのマスク
・ソードオフショットガンのモデルガン
・ヒューマンガスのリボルバー拳銃セット(写真と箱付き)
・ジャイロキャプテンのコプターのミニチュアプラモデル
・インターセプターV8完全再現ラジコン
・血液袋なりきり用タトゥーシール
・フュリオサの義手完全再現モデル
・Fallout各種グッズ(ベセスダ公認)
・ホッケーマスク
・ブレードランナーうどん(2つで十分なので2つ入り)
・ブレードランナー風和傘(柄の部分が光る電池式)
・なりきりレイダーセット
・ドクロ付き錆々車ホイール
・人間用ドッグフード缶詰
・やわらか釘バット(叩いてもスポンジなので痛くありません)
・ガスマスクと放射線スーツ
・青いダクトテープ
・トイレの水(商品名なだけで実際は色付きの飲料水)
・火炎放射器風水鉄砲
・V8エンジン音が轟く目覚まし時計
・ショットシェル風アロマキャンドル
・生け花用・スパイク付き改造車風剣山
・炎が出そうなエレキギター
・戦前の紙幣風メモ帳
・人間の指風ボールペン
・目玉風キャンディ
・人肉ジャーキー(中身は普通のビーフジャーキー)
・奴隷の首輪と手錠セット
・溶接ゴーグル
等々…とにかく世紀末っぽさ満点のマニアックなおみやげを多数ご用意!

madmax
出典:MADMAX2

世紀末なテーマパークで、狂った世界を体感しよう!

いかがでしたでしょうか?
今回書いたものは全て架空であり、妄想に過ぎませんが、
もし、本当にどこかにこんなテーマパークが出来たとしたら、なんとも夢の世界だと思いませんか?

もし、どこかの国の大富豪がこの記事を見ていたら、
こんなポストアポカリプスファンの私や、その他ファンの為に作ってみてください(笑)
(できるなら企画参加と企画料もくださry)

畜生!我慢できねぇ!!
ちょっとヌカワールド行ってくる!!


Carl’s Fallout 4 Guide

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「世紀末」の関連記事

「ジョーク・トンデモ」の人気記事
特集・コラムのカテゴリ一覧