もしも台風がプログレだったら

J.Stone J.Stone

今回はもしも台風がプログレッシブロックだったらという、もしもな内容を想像してみました。

もしも台風がプログレバンドだったら

どうも、プログレオタクの筆者です。

台風は夏から秋にかけての日本の風物詩であり、同時に多大な被害をもたらす災害でもあります。
学生は学校がお休みになるので最高のバケーションですが、農家や防風地帯の方は最悪のはず。
さて、そんな厄介な災害台風がもしプログレッシブロックだったら、という超誰得なもしもを思いついたのでご紹介。

そもそも事の発端は台風の天気図を見ていた時の事。
ずーっと眺めていると、どうもこの丸ばかりの図が何かに見えてきて仕方がない。
しかも時々変則的な動きを見せる台風の挙動に、変則…変態…変拍子…といった具合で連想がスタート。
そしてだんだん天気図がプログレのジャケットに見えてくるという事態に陥ったわけです。(もはや病気)

そんな台風の天気図が、台風がもしプログレバンドだったらどんな動きでどんな形になるのか…というのを考えた結果、今回の結論に至ったわけです。

題して…『もしも…台風がプログレだったら…』

※プログレが分からない方は、まずコチラの記事から予習してください

英国系 5大プログレッシブ・台風

今回は台風の予想進路を表す天気図をベースに、それぞれのプログレッシブロックバンドがどんな台風になるのか、勝手に考察。
※尚、あくまでもジョークですので当記事を本気にしないでください。

King Crimsonの場合

キングクリムゾンの場合は、一般的にとられるようなスタンダードな音楽的展開を無視した、アヴァンギャルドな台風に変貌することが考えられます。
しかも太陽と旋律型の場合、台風が日本列島のど真ん中に位置し、後の進路で暴風域が拡大。
しかし、陰と陽の激しい展開により、青空となったり豪雨となったりとゲリラ豪雨顔負けの無茶苦茶な展開が予想されます。
それもそのはず、あのロバート・フリップ大師匠ですから。

また、エイドリアン・ブリュー期になると更に激しい展開となり、暴風の中で小さな台風がぐるぐる回りだすという二重構造的展開に。
こうなれば日本列島は破壊の限りを尽くされてしまいます。

Pink Floydの場合

ピンクフロイドの場合は、コンセプトがはっきりとした幻想的な展開を見せるでしょう。
ダークサイドオブザムーン型では、台風なのに何故か列島に虹がかかるという何とも幻想的な光景を見ることができます。

しかも見開いたときはループするようになっておりますので、もしかしたら地球全土で連鎖的にこの光景が見られるのかもしれません。

また、Pulse型ではライブアルバムのようなダイナミックな演出が見られるかもしれません。
もっともダイナミックであればあるほど迷惑になるわけですが…。
尚、1年間は光るかもしれません。(Pink Floyd – Pulse参照

ELPの場合

ELPの場合は奇想天外な荒々しい展開がみられるかもしれません。
まず、恐怖の頭脳改革型では、天気図にドクロが浮かぶという可能性があります。
このドクロも台風の1つですので、この地帯には”聖地エルサレム”が鳴り響くかもしれません。
尚、観音開きになっているので、台風が熱帯低気圧に変わると中から…あら不思議。
それはCDやレコードを買ってお確かめください!


口もつけてみた。

また、キース・エマーソンの特技である縦回転ピアノを模した、縦回転列島も披露してくれるかもしれません。
台風ではなく島が回るという斬新で奇抜な発想がなんともELPらしい。
当然ですが、被害甚大ですので絶対に来てほしくありません。

Yesの場合

YESの場合はドラマティックな展開がみられるでしょう。
画像の様に台風の中がそれぞれ3つに分かれており、その中の風の強さが違っているようなタイプになるとみられます。
当然、台風が回るとこの強弱がかわりますので、突風が吹いたかと思えば優しい風になったりといった何ともドラマティックで訳のわからない暴風になるでしょう。
ちなみに、台風の被害よりも天気図を見たファンによる「こんなのYESじゃない!」という苦情による被害が増えるのではと思われますので、気象予報を担当するニュース番組には十分注意してもらいたいですね。


ん?…こ…これはっ!?

Close to the Edgeだ!!
シベリアからカトゥールが吹き荒れるのか!?(意味不

Genesisの場合

Genesisの場合、ドラマティックだか親しみやすい雰囲気になるだろう。
しかし、上記の台風(元ネタ)は大して人気のないアルバムなので、大きさの割に被害も少ないでしょう。
直ぐに熱帯低気圧に変わると思います。
天気図の上に人が乗っていますが、恐らく幻覚です。気にしてはいけません。


夜間の為に黒くしてみた。


いかがでしょうか。
プログレッシブロックが何ぞや…という方には分からないネタかもしれませんが、あくまで適当にお楽しみください。
また、台風には十分注意して、そして激しい雨の日などには水辺には絶対に近づかないようにしましょう。

もし警報で予定がつぶれてしまう事があったら、今後また台風が会ったときに備えて、
丸1日過ごせるプログレッシブロックをお買い求めください!

プログレはあなたの生活を豊かにするでしょう。
人生はプログレ、世界はプログレ!

ビバ!プログレッシブロック!
(尚、はまり過ぎて筆者みたいな頭になっても一切責任は負いかねます。)

今回取り上げたアルバム


    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「ロック」の関連記事

「ジョーク・トンデモ」の人気記事
特集・コラムのカテゴリ一覧