【ARK】腐敗ゲージを復活させる裏技小技

J.Stone J.Stone

ARK: Survival Evolvedで腐敗ゲージを復活させる小技を伝授。腐りそうなアイテムはとある方法で消費期限が回復します。小技を駆使してアイテムのロスを減らしてみましょう。

腐敗ゲージを復活させる方法

ARKには食べ物や一部のアイテムに消費期限(腐敗ゲージ)があります。
食べ物は現地調達できますしまた作ればいいのですが、期限付きアイテムは強力なモノが多くあり、出来れば少しでも長持ちさせたいという事も。
今回はARKの腐敗ゲージを復活させる裏技をご紹介します。

方法は非常に簡単です。手段は2つあります。

①オベリスクを活用

まず、1つはオベリスクにアップロードすること。(ビーコンでもOK)
オベリスクにアイテムを一旦アップロードし、手元に戻すことで腐敗ゲージが復活します。
但し、公式サーバーなどはアップロードが制限されていることが多いので、使えないこともあります。また、近くにオベリスクがない場合にも不便となります。
この方法が最も早いやり方です。

②スタック移動で復活

オベリスクが使えない、出先で使えない場合にはスタック移動で腐敗ゲージを復活させます。但しこの方法では100%にはなりません。
ARKの腐敗ゲージはスタック事に管理されています。つまり、腐敗ゲージが最も高いアイテムに合体させれば復活します。
まず、スタックから1つだけアイテムを分離させます。プラットフォーム毎に操作法は異なるので省きますが、ドラッグ移動やインベントリへの単数転送を活用します。
次に、腐敗ゲージの減ったアイテムを、そちらに統合させます。すると、低かった方は高かった方に合わせられます。ちなみに、この逆を行うと腐敗ゲージが減ります。
たったこれだけで腐敗ゲージが回復するので、電撃麻酔弾やバイオトキシン、ラムチョップを遠征中に復活させたい時に使える小技となります。


腐敗ゲージが少ないアイテムを、多い方に移動させると……


なんと腐敗ゲージが復活!

アイテムを長持ちさせるには

アイテムを長持ちさせるには冷蔵庫を活用しましょう。
冷蔵庫に入るアイテムは餌箱や恐竜内に入れることでも長持ちしますので、出先ではコチラの方法が便利です。
生身で行動することは稀だと思うので、消費期限付きアイテムは基本的に恐竜に入れて持ち運ぶと、ロスが少なく済みます。

まとめ

オベリスクにアップロードすると腐敗ゲージが復活、スタック移動で多い方に移すと復活します。
普段は冷蔵庫や餌箱に、持ち歩く際は恐竜に入れて長持ちさせましょう。


(出典:Studio Wildcard/ARK Survival Evolved)

ARKのオススメ記事はコチラ

ARKの攻略・情報・コラム記事のまとめはコチラ

ARK: Survival Evolved
詳細情報

参考価格:¥5,150~7,480(執筆時調べ)
ジャンル:サバイバル、オープンワールド、アクション、恐竜、SF



    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「ARK: Survival Evolved」の関連記事

「ARK: Survival Evolved」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧