ark

【ARK: Survival Evolved】恐竜の気絶のさせ方・麻酔弾の効果解説

J.Stone J.Stone

今回は気絶のさせ方や、各麻酔弾の効果などを紹介していこうと思います。

気絶のさせ方

恐竜にはそれぞれ昏睡値(気絶値)が存在し、それが一定を超えると気絶します。
気絶には物理的に殴る方法、パチンコで石をぶつける方法、麻酔を使って気絶させる方法があります。

弱い恐竜はパンチか棍棒で気絶させよう


攻撃をして来ず、大して強力でない恐竜は殴って気絶させてみましょう。
初心者の方は試しにドードーという鳥を殴ってみましょう。
殴るのは素手でも棍棒でも構いませんが、棍棒だとより気絶値が溜まりやすくなります。
壁際にうまく追い込めればパラサウロロフスや、フィオミアなども殴って気絶させられるでしょう。

但し、これは弱い恐竜のみにしか使えない為、次の手段に行くわけです。

パチンコで石をぶつけよう


パチンコは石を投擲して気絶値を増やす武器です。
序盤は麻酔矢を作りにくいので、石を弾とするパチンコは燃費が良いでしょう。
但し、弾速は遅く、気絶値の蓄積もあまり高くないので、本当に序盤の武器と言えます。
慣れてきてしまえばパチンコをスキップしていきなり麻酔矢へと移行してしまうのもいいかもしれません。

弓・クロスボウ・ライフルで麻酔弾を発射しよう!


麻酔矢・麻酔弾を発射するには、弓・クロスボウ、ライフルが必要です。
麻酔矢・麻酔弾は、素早く恐竜を気絶させられるので、テイムを本格的に始めていくに当たって必須ともいえるでしょう。
ライフル弾は鉄や火薬を使うので、中盤以降から使えるようになってきます。

スタンロッドを使う


一撃で大きな気絶値を与えるにはスタンロッドを使うのも良いだろう。
アンコウのジェルを燃料

麻酔の効率の良い使い方

というわけで、いよいよ本命の麻酔の使い方について解説していきます。
但し、一気に撃ち込みすぎると恐竜が死んだり、余分な矢を使ってしまう事にもなるので、
序盤は5秒間隔ぐらいで撃っていくとロスが少ないでしょう。

麻酔矢(弓・クロスボウ)


麻酔矢は、初弾でダメージの200%分の気絶値を与え、
更に4秒かけて250%分の気絶値を与えます。
この間に新たな矢を撃ち込むと、この麻酔効果時間が延長され、効果は重複はします

弓、クロスボウから発射できますが、クロスボウの方がダメージが高い分、より効果が高くなります。

麻酔弾(ライフル)


仕様は麻酔矢と変わりませんが、効果は大きくなっています。
初弾で武器ダメージの600%分の気絶値を与え、5秒かけて250%分の気絶値を与えます。
与えたときのダメージを低く抑えられるメリットもありますので、供給が安定したらこちらをメインで使っていきましょう。

ロングネックライフルから発射できます。
尚、麻酔を使用するライフルにはアタッチメントを付けられないので、スコープとの併用はできない事に注意。

電撃麻酔弾


初弾で武器ダメージの1200%分の気絶値を与え、5秒かけてに500%分の気絶値を与えます。
麻酔弾の様に与えたときのダメージを低く抑え、同時に敵の動きを鈍化させます。
但し、電撃麻酔弾は製作した段階から腐敗は始まるので、保管は冷蔵庫で行いましょう。

麻酔弾の上位版なので、ロングネックライフルから発射できます。
強力な麻酔弾なので、強い恐竜を眠らせるのにも非常に便利です。

電撃スピアボルト


水中運用できるハープーンランチャーから発射できる麻酔弾です。
300ポイントの気絶値を与えます。
また、発射後に壊れなければ回収することが出来ます
但し、高品質なクロスボウを既に持っている場合、あまり使う事がないかもしれません。

合わせて読みたい、テイムのコツはコチラ

ARKの攻略・情報・コラム記事のまとめはコチラ

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「ARK: Survival Evolved」の関連記事

「ARK: Survival Evolved」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧