もしも~ならを極めるサイト

 
ark

【ARK: Survival Evolved】拠点作りにオススメな場所

J.Stone J.Stone

ARK: Survival Evolvedで拠点を構えるのに最適な場所をご紹介。

拠点作りにオススメな場所

ARK: Survival Evolvedで欠かせないのが拠点です。
しかし、拠点を構える場所を間違えると不便で使い勝手が悪くなってしまったり、
リソースを回収するのにめんどくさくなってしまいます。
そこで、拠点を構えるのに最適な場所の条件をご紹介。

ARKの各マップ毎のオススメ拠点はコチラ

拠点候補に最適な3つの条件

1. 水源(池、川など)が近くにある
2. 平地がある
3. 鉄鉱石や水晶、黒曜石などの鉱物が近くにある

水源はもはや必須です。
水パイプを配置するには水源から引っ張らねばならない為、近ければ近いほど楽であるという点。

平地は拠点作りが楽になるのと、捕まえた恐竜を入れておく檻などを建築しやすい点。
広ければ広いほど放牧なども可能になるので、なるべく平地が好ましい。

鉱物資源は中盤から消費量が凄まじくなってくる。
よって、重量が重く運搬が困難になる鉱物が家の近くにあれば、輸送回収が楽になる。
足の遅いアンキロサウルスでの運搬も、近ければそれだけ楽。

拠点はココに作れ!

拠点はオベリスクの近くに作れ!

ark

ARKのマップにはそれぞれ赤、緑、青の3つのオベリスクが存在する。
このオベリスク周辺を拠点にする利点は大きく2つ。

まず、このオベリスクは遠くから視認しやすく
これにより迷わずに拠点に帰れるというメリットがある。
GPSがあれば方角は分かりやすいかもしれないが、全ロスした際や、GPSを忘れた際の保険にもなる。
また、マルチプレイで友達とプレイする場合、家の場所を支持しやすく楽である。

次に、このオベリスクは、アイテムや恐竜をアップロード・ダウンロードでき、
これを活用すると各オベリスクや、救援物資を輸送手段として活用できる。
また、終盤でTEKを作る際のレプリケーター製作にもオベリスクは利用される。

スロット数は少ないが、インベントリとしても利用できるので、
貴重なアイテムを保管するには最適である。
※公式サーバーではオベリスク周辺の取り合いが予想される為、注意が必要。

オベリスクの位置は以下のマップを参照。

Island

ARK

The Center

ARK

Scorched Earth

ARK

Ragnarok

ark
出典:Official ARK Survival Evolved Wiki

初心者に安心!海岸拠点

ark
出典:Official ARK Survival Evolved Wiki

慣れない初心者にオススメなのが海岸である。
初期スポーンの1つにも大抵設定されており、帰りやすいというメリット。
そして、周辺にスポーンする恐竜は比較的レベルが低かったり、草食恐竜が多かったりと過ごすには最適。

内陸に入れば入るほど、ティラノサウルスなどの肉食恐竜に襲われる危険が増える為、慣れるまでは海岸はベスト。
石、木材、繊維なども比較的豊富。
ただし、鉱物資源が若干少なめなので、慣れてきたら別の候補を探した方が良い。

洞窟周辺

鉱物資源が豊富な洞窟の近くに拠点を構えてしまうというのも楽である。
サーバー設定で洞窟内建築がONになっていれば、洞窟丸ごと拠点化も可能だ。

ただし、敵が多かったり、強かったりするので、ある程度慣れたプレイヤー向けである。
護衛恐竜なしで制圧は難しいので、まずはどこかで恐竜を捕まえてから向かいたい場所だ。

山岳地帯

ark
Islandなどは鉱物の多い山岳地帯を拠点にするのも良いだろう。
敵は多くて強いが、慣れたプレイヤーなら生き残れる。
ただ、気候が寒いので、環境耐性や毛皮防具をそろえてから向かいたい。
また、水源が近くにないことがあるので、そのあたりは注意されたし。

実用と鑑賞用の拠点は分けよう

ARKは非常に手間がかかる作業がある為、ツリーハウスや、海上プラントのような
ロマン拠点は後半になってから作ると良いでしょう。
資源に余剰が発生するまでは大人しく利便性重視で拠点を作っていくと発展が楽になるのでオススメです。


資源さえあればこんなのも作れます
(ARK建築で一番凄い方だと思います)

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「ARK攻略」の関連記事

「ARK: Survival Evolved」の人気記事

ゲーム・攻略のカテゴリ一覧