『Tom Clancy’s The Divison 2(ディビジョン2)』が発表!時期アップデートで引継ぎ要素追加か!?

J.Stone J.Stone

2018年3月にUbisoftから続編であるディビジョン2の発表がありました。 ディビジョンはオンライン型ハクスラ系TPSとして注目され、今なお根強い人気を誇るタイトルです。 そんなディビジョン2の発表と合わせて、ディビジョンの時期アップデートも発表されました。 今回はそれら内容をご紹介していきます。

ディビジョン2が発表!時期アップデートで引継ぎ要素追加か!?

Ubisoftと開発元であるMassive Entertainmentは、トム・クランシーシリーズであるディビジョンの続編…『ディビジョン2』を正式に発表しました。

ディビジョンはウイルステロで荒廃したニューヨークを舞台に、2016年に発売されたオンライン型ハクスラ系TPSとして注目されました。
現在ではプレイヤー数が2000万人以上おり、現在でも常時プレイヤー数はSteam版だけで10000人以上、Uplayやその他プラットフォームを合わせると推定40000人以上はいると予想され、今なお盛り上がりを見せている人気コンテンツである。
しかし、その記録とは裏腹に、2016年発売当初は多数の不具合やゲームバランスに問題を抱えていたために実に95%ものプレイヤーを失う事態となってしまう。だがそこから半年以上の時間をかけての調整により再評価され、相当数のプレイヤーを呼び戻すというオンライン系ゲームでは異例の復活を記録した。そしてその人気は現在でも続いている。

そんな復活劇を起こし、レインボーシックスシリーズと並びUBISOFTの看板ともなったディビジョン…。
Ubisoftの発表によると、ディビジョン2の正式アナウンスは2018年のゲームイベント”E3″で行われる予定であり、非常に期待を寄せられている。
E3開催は米国現地時間である2018年6月12日~6月14日です。
尚、開発は前作同様にMassive Entertainmentが手掛けることになっている。
また、原作者のトム・クランシー氏は、ディビジョンの企画参加後…その完成を見ることなく亡くなっており、今回は原作者抜きで展開されるため、そのストーリーの内容にも注目が集まるだろう。

また、ディビジョン2の発表に伴い、ディビジョンのアップデート内容も発表。
今後は2度のアップデートが予定されており、新たなグローバルイベントの実装や、クエストの追加なども発表されている。
更に、ディビジョン2への引継ぎ要素も予定されており、それらイベントをこなすことで、次回作で獲得できるリワードに関わってくるようだ。
イベント名は「シールド」といい、2018年6月から開始であると運営から発表された。具体的な内容はまだ不明である。
また、ディビジョン2発売後も継続してサービスは続けられるようである。

尚、発売時期の予想ではあるが、ディビジョンのお披露目がE3で行われたのが2013年頃であったのを目安とすると、おおよそ2020年、2021年頃発売ではないかと見ている。
また、Ubisoft製ゲームからは「ディビジョン」及び「スプリンターセル」の映画化が決定され現在制作中であり、宣伝効果も併せて映画公開後の発売となるのではないかと予想。
2020年辺りには現在開発中のビッグタイトルも発売されるのではといわれており、ゲーム業界にとっては熱い年になりそうである。

※2018年3月現在、新グローバルイベントはPTS(パブブリックテストサーバー)において試験運用中です。
気になる方は是非参加してフィードバックしてみてはいかがでしょうか?

(出典:Tom Clancy’s The Division™/Ubisoft)


合わせて読みたい!ディビジョンの関連記事はコチラ

ディビジョンの攻略・情報記事のまとめはコチラ

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「新着・ニュース」の関連記事

「The Division」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧