ark

【ARK: Survival Evolved】ASMサーバーと、ゲーム内サーバーの違い

J.Stone J.Stone

ARK: Survival Evolvedにはいくつかサーバーの建て方がありますが、今回はそれらのメリット・デメリットを踏まえて紹介。 自分に合う環境を構築してみてください。

ARKにおけるサーバーの違い

ARKには2種類のサーバーが存在します。
まず、公式サーバー
言わずもがな、公式が用意したサーバーです。
設定は弄れません。
最大100人まで参加でき、PvP、PvEと2種類のゲームルールが存在します。
基本的に弱肉強食な世界であるのがウリです。

もう1つはローカルサーバー
個人で建てることが出来ます。
設定も鯖主が細かく設定することが出来、身内でやるのに向いています。
また、コンソールコマンド(チートコマンド)も使えるので、問題が発生した場合の対処も容易です。
アーリー版から入られた多くの方はコチラでやられているのではないでしょうか。
今回はコチラ、ローカルサーバーのサーバーの違い…建て方の違いについて詳しく掘り下げていきます。

ローカルサーバー建て方、2種類の違い

ローカルサーバーを建てるには2つの方法があります。

1.ゲーム内からサーバーを建てる方法
2.外部ツールから建てる方法

それぞれメリット・デメリットが存在しますので次に説明していきます。

ゲーム内サーバー

ARKクライアントを起動し、メインメニューから設定します。
PS4版でもこちらの方法から個人で建てることが出来ます。

ark

メリット
  • 設定が簡単
  • MODの更新・追加がワンタッチで可能
  • クライアントのアップデートと同時にアップデートされる
  • 起動からゲーム開始までの時間が早い
  • デメリット
  • より詳細な設定が困難(というか細かな項目がない)
  • 各ワールドに対し1つのセーブデータしか作れない。
  • 制約は多いですが、楽に始められて適当に遊ぶのであればまずこちらで試してみるのは十分ありだと思います。
    また、PCが得意でない方でも扱えるのがメリット。
    反面、やり込んでくると「もっとこうしたい!」というのが少なからず出てくると思うので、
    そういう場合は以下のASMサーバーに乗り換えると良いかと思います。

    ASMサーバー

    外部ツールを用いてサーバーを設定・起動する方法。
    PC版でより楽しむならばコチラの方法の方がより楽しめるでしょう。
    ※PS4版ではPC版との同期ができないので、現在はPCのみの方法となります。

    ARK Server Manager (DL)
    ASM日本語化
    詳しいインストール方法はコチラ

    メリット
  • より詳細な設定が可能
  • クライアントを起動していなくてもサーバーを建てられる(建てっぱなしが可能)
  • ワールドをいくつでも生成可能
  • バックアップが容易
  • デメリット
  • MODの追加がマニュアル作業であり面倒
  • 起動までに時間が掛かる
  • アップデートがクライアントと連動していない(手動で行う)
  • クライアントと同時起動するとCPUとメモリをバカ食いする
  • サーバー設定は本当に細かくできますし、
    恐竜のスポーン設定から、各恐竜ごとに登場するか否かの設定…
    製作レシピの内容すらも書き換えることが出来ます。
    設定しておいた方が良いサーバー設定は以前アップしたので以下から参照ください。

    ASMのオススメサーバー設定に関する記事はコチラ

    ASMの使い方

    アーリー版から約2年ARKをプレイしている筆者のオススメはやはり、
    ASMを使ったサーバーの構築です。
    では、そんなASMの使い方を簡単にご紹介。

    必要なもの

    ・ARK Server Manager
    ・ポート開放ないしはHamachiなどのポート管理ソフト
    ・フレンズ

    ①ASMを起動後、グローバル設定からファイルの場所設定などを行います

    ASMを開いて右上の歯車のマークから。

    ①ワールドを設定項目から選びます。

    ark

    ②インストールを押します

    ③インストール中ないしは終了後に各種設定を加えていきます

    ここら辺はお好みなので各自でプレイしながら試行錯誤してみてください。

    ④開始をクリック

    サーバーを閉じる場合は停止ボタンを押します。
    アップデートする場合はアップデートのボタンが出てくるのでそれを押します。

    新しいワールドを作りたい場合や、ワールドを切り替えたい場合は、
    プロファイルを新規で作成し、設定をコピーして再度インストール→起動します。
    同時に2つのワールドを建てることはできません。

    また、メモリやCPUの使用率をかなり食うので、
    予備やお古のPCがあればそちらで建ててしまうと負荷を分散できます。
    5万ぐらいでサーバー建てる用のPCを買ってしまうのもアリです。

    以上となります。
    それでは、素敵なARKをお楽しみください!

    その他関連記事はコチラ

    ARKの攻略・情報・コラム記事のまとめはコチラ

      この記事をシェアする

    コメント/情報提供

    コメントを残す

    「ARK: Survival Evolved」の関連記事

    「ARK: Survival Evolved」の人気記事
    ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧