ark

【ARK: Survival Evolved】セメントを効率よく作る・回収する方法

J.Stone J.Stone

今回はARKでクラフトなどの中間素材となる「セメント」を効率よく採取するための方法を紹介していきます!

セメントを効率よく作る・回収する方法

セメントは、中盤~の製作物の中間素材として要求されるようになります。

材料は、
・キチン/ケラチン
・石

の2つだけで、石のすり鉢(又は科学作業台)を使います。

石:キチン/ケラチン=2:1


材料の比率は、「石:キチン/ケラチン=2:1」の割合で入れてやるとよいでしょう。
すり鉢のインベントリは最大12スロットなので、
石を8スタック、キチン又はケラチンを4スタック詰めてやると、効率が良いです。

但し、このすり鉢生産は非常に面倒な上に、制作できる数が少なく、
要求数に対して供給が追い付かなくなることでしょう。
そこで、次の方法を提案いたします。

ビーバーの巣を漁ろう

ビーバーの巣には木材、セメント、真珠が入っており、巣を見つけては中身を回収して回る事で大量にセメントを集められます。
但し、ビーバーの巣を調べた時点で、周囲のビーバー全員が敵対して一斉に襲い掛かってきますので、護衛恐竜なしでやると間違いなく死にます。
最も、サーバー設定によってプレイヤーが強化されていれば話は別ですが、基本的に護衛恐竜を引き連れての回収に向かうと良いでしょう。
尚、要らない巣は恐竜で壊してしまえば、以後同じ巣を調べるミスも減りますし、スポーンしますので壊すのが良いでしょう。

カエルで虫を狩ろう

沼地に生息するカエル(ベールゼブフォ)は、小物の虫を食べるとセメントに変換してくれるという特性を持ちます。
ark

セメントの対象となる虫は、
・ティタノミルマ(ハネアリ)
・メガネウラ(トンボ)
・ジャグバグ

です。

これらの死体をカエルが食べることでセメントに変わります。
もちろん直接倒しても構いません。
ちょっと粘れば1000個、2000個は余裕で超えるでしょう。

カエルは直線状に攻撃する方法と、舌で薙ぎ払う方法の2つがあります。
基本的には薙ぎ払いが強いので、そちらを多用しても構いません。
回収時の効率はどちらも変わらない気がしますが、若干薙ぎ払いの方が高い気がします。

尚、回収率はカエルの攻撃倍率に依存するので、高レベルで高攻撃にしておくと良いでしょう。

虫の生息域

アイランドやセンターでは、沼地がオススメ!
沼地は虫が非常に多いのでかなり回収できるはず。
スコーチドは砂漠でジャグバグやティタノボアを狩るのがもっとも効率的でしょう。
この際、護衛恐竜は連れて行った方が安心です。

以上が効率の良いセメント回収になります。

使える恐竜のまとめ記事もあるのでそちらもチェック!

(出典:ARK:Survival Evolved Wiki

ARKの攻略・情報・コラム記事のまとめはコチラ



    この記事をシェアする

コメント/情報提供
  1. 情弱なアップ主へ より:

    セメントはキチンと石でしょ。火打ち石と石は火の粉。
    ここの情報は全て間違っていますので皆さん見ないようにしましょう。

  2. 匿名 より:

    ティタノボアは蛇でしょ

    • J.Stone より:

      修正致しました。誤記の指摘ありがとうございます!

      • 匿名 より:

        本日記事を拝見しましたが、画像の方は直っていないようです。
        また、メガネウラ(ハネアリ)とありますが、メガネウラはトンボだと思います。

コメントを残す

「ARK: Survival Evolved」の関連記事

「ARK: Survival Evolved」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧