ark

【ARK: Survival Evolved】簡単!恐竜トラップの作り方

J.Stone J.Stone

今回は、テイムで役立つ恐竜トラップの作り方を紹介!

簡単!恐竜トラップの作り方

恐竜をテイムするとき、対象が逃げ出してしまって予想以上に時間が掛かってしまったり、
せっかく見つけた恐竜を逃してしまったりすることがあると思います。

そこで、今回は非常に簡単な恐竜トラップの作り方をご紹介!
大した材料を使わずに、出先でも作れる簡素なモノを目指します。
皆さんのサバイバル生活に役立ててみましょう!

必要な材料と条件

まず、石の建材のエングラムをアンロックしておくことが前提となります。
そうしたら次は材料です。

・石
・木材
・わら
・繊維

これらをたくさん集めておきましょう。
特に石は消費量が半端ないので、

石:他の材料=2:1

ぐらいの割合で集めておくのが良いと思います。

恐竜トラップの作り方

紹介するトラップは非常に簡単です。

まず、石のプラットフォームを5×4ぐらいで置いていきます。
筆者の画像では、余裕をもって設計していますが、
テイム対象が小さければ、小さくても大きくても構いません。

次に自分が出る場所(ドア)を取り付け、テイム後の恐竜を取り出すためにディノゲートを付けておきます。
あとは、壁を4段以上に積み上げておけば、脱走の心配はまずないでしょう。

最後に恐竜をこの部屋に落とすために、スロープを付けておきます。
木製か鉄製しかスロープがないので、木製で作っています。
木製は恐竜の攻撃でダメージが入ってしまいますが、中に引き込むのが目的なので、破損してしまっても全く問題ありません。

画像の様な感じになれば完成です!

使い方

・恐竜を引き込む
・ドアから脱出する
・スロープから麻酔を撃ち込む

以上が流れになります。
使い方は以下の画像に記しておきましたのでご覧ください。

あとは気絶するまで麻酔を撃ち込んでやり、眠ったらエサを入れてあげましょう。
以上でおしまいです。

このトラップをつかえば、気絶後に恐竜を囲う必要もなくなるので便利ですし、
なによりテイム中に脱走しないのが利点だと思います。
また、簡素な作りにすることで適当に作って、適当に壊せるので、
しっかりと作り込んだトラップよりも容易に利用することが出来ます。

尚、大型の恐竜をこのトラップでテイムしたい場合は、
ゲートをベヒモスゲートに変えてやり、プラットフォームの面積を大きくしてやればOKです。
その際、壁は6段ぐらいにしておくと安心かもしれません。

以上で紹介を終わります。

テイムに関する記事はコチラ

ARKの攻略・情報・コラム記事のまとめはコチラ

    この記事をシェアする

コメント/情報提供
  1. ケロロ軍曹 より:

    ものすごく分かりやすかったです。 これで色々恐竜が捕まえられます!! ありがとうございます(o^^o)

コメントを残す

「ARK: Survival Evolved」の関連記事

「ARK: Survival Evolved」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧