ドット絵が難しいならシルエットから作るべし!【ドット絵講座】

J.Stone J.Stone

ドット絵は難しい!そう思う方は影や色遣いで悩んでいませんか?実はドット絵で一番大事なのはデフォルメ力、シルエットをしっかり捉えることです。今回はシルエットからドット絵を描く方法を紹介していきます。

シルエットを捉える力を身に着けよう

ドット絵は複雑で難しい…と感じる方は多くいるかと思いますが、むしろドット絵はデフォルメ力が重要です。
そんなデフォルメをするにあたって必要なのが形や特徴を捉えること…言い換えればシルエットを捉える力が大事になってきます。
ぶっちゃけて言えば、ドット絵はシルエットさえどうにかなっていれば、それっぽく見えるということです。
そこでドットを描くコツとして、シルエットを重視して作るということを解説していきます。

立体

まず、以下の絵をご覧ください。
球体です。最初から描けと言われても困るかもしれません。

しかし、元は単色のシルエットから描かれています。

シルエットを作る事で、中身を塗っても形が崩れず、質感を作り込みやすくなります。

もう少し簡単にするためにボタンにしてみましょう。
完成形はこうなっていますが、シルエットはただの四角です。

元はこのようなシルエットになっています。この形状を元に中身を描き込んでいます。

より詳しい方法は以下から

別の例を出しましょう。
これは岩です。
これだけ見ると描ける気がしませんが、こちらも元をたどればただのシルエットです。

シルエットはこんな感じ。単色で塗りつぶしただけです。

岩の制作過程を詳しくみてみましょう。
「シルエット→影→色塗り→色調調整」という感じでシルエットを決めた中で、影を決めて塗り込んでいくのが分かるかと思います。

より詳しい方法は以下から

家具

次は家具です。まずはモニターから。
完成はこのようになっています。

シルエットはこのようになっています。完成形はコチラに色を付け、厚みを足しただけに過ぎません。

こちらは机です。

こちらもシルエットはこのような形を取っているにすぎませんが、最終的には色と奥行き感を足して完成形に近づけていきます。

より詳しい方法は以下から

デフォルメ力を鍛えよう

ドット絵に必要なのはシルエット化できる「デフォルメ力」です。
影や色遣いはあとからどうにでもなるので、難しいと思う方は影や色塗りはやらなくてもいいので、まずはシルエットをしっかり作れるかを重視しながら練習してみてください。

ゲーム制作講座まとめはコチラ

あつまれ どうぶつの森 -Switch
詳細情報

参考価格:¥6,578(執筆時調べ)
ドット絵が描けるとマイデザインがはかどる!

Minecraft
詳細情報

参考価格:¥3,445(執筆時調べ)
遊ぶも良し、マップデザインするもよし!

ピクセル百景 現代ピクセルアートの世界 (日本語) 単行本(ソフトカバー)
詳細情報

参考価格:¥2,970(執筆時調べ)
ドット絵の引き出しを増やす本。

Adobe Creative Cloud フォトプラン(Photoshop+Lightroom)
詳細情報

参考価格:¥11,760 円/年(税別)(執筆時調べ)
本格派、筆者利用のソフト。Photoshopのみを利用する場合、フォトプランの利用が単体プランよりも安く使えます。年払い、月払いともに980円ですので、使用の状況に合わせて選んでください。

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「ドット絵」の関連記事

「ゲーム制作」の人気記事
創作・クリエイティブのカテゴリ一覧