【ディビジョン2】おすすめスキル・ベスト5!迷った時に取っておこう

J.Stone J.Stone

Tom Clancy’s The Division2(ディビジョン2)でのオススメスキルをランキング形式でご紹介!併せて、これは微妙というスキルも解説しています。スキルを選択する際に迷った時、参考にしてみてください。

おすすめスキル・ベスト5

今回は、ディビジョン2で迷った時に取っておきたいおすすめのスキルをご紹介!
では早速オススメのスキルを紹介していこう!
※パッチ1.0時点での内容です。

1. ケミランチャー:レインフォーサー


回復ケミランチャーを取っておけばまず間違いなし!
アーマー値を回復させる緑の霧を打ち出し、この中に留まる事で、アーマー値を回復させます。

このスキルのおすすめポイントは、手軽さとリキャストの速さです。
スキル単体で3回使えて、効果は重複します。
更に、リキャストが早いので隙がなくなります。
回復速度も速いので、ピンチの時にサッと使えます。
もちろん、味方に撃ってあげれば回復支援もできます。
とりあえず迷ったらコレ一択です!

2. ハイブ:リバイバー


唯一の復活系スキルです。
範囲内の味方エージェントを復活させられるので、起こしに行けない時に投げるとPTメンバーを復活できます。
また、装備しているだけで、ダウン時に自動的に発動して復活してくれるので、いざという時の保険になります。
リキャストは若干長めですが、頻繁に使うモノでもないですし、非常に便利なので損はありません。
但し、DZやPvPでは自動復帰しませんのでそこだけ注意しましょう。
基本的にコレと回復ケミランの2つで何とかなってしまいます。

3. タレット:アサルト


自動的に敵を攻撃してくれるスキルです。
もう1人のエージェントとなって戦ってくれるので非常に頼もしいです。
また、囮としても優秀で、置いて逃げることで時間を稼げます。
難点はリキャストの長さと、重装兵に簡単に破壊されてしまう事です。
よって、なるべく高い所に置いて登ってこれないように、また視界を広く確保させましょう。

4. ドローン:フィクサー


回復ドローンです。
ドローンを展開している間、アーマー値がじわじわ回復し続けます。
もちろん仲間を回復させることも可能。
便利ですが、リキャストが長いのと、破壊されやすいのが難点。
また、即効性はないので、強敵と対峙している時は割と無力になりやすいです。

5. ドローン:ストライカー


指定した敵を攻撃してくれるスキルです。
空を飛んでいるので、頭上から攻撃でき、カバーを無視しやすいのが利点です。
難点はリキャストの長さと、破壊されやすさです。非常に脆いです。

こいつは止めとけ…というスキル

逆に、こいつは止めた方がいいというスキルをご紹介。
判断材料の1つにしてみてください。

パルス全部


敵を探知するのは便利ですが、いまいち微妙。
タレットが狙った敵はHUDに表示されるので、わざわざPulseを使う必要性を感じません。
また、その割にリキャストが長いです。

爆撃ドローン


ドローン:ボンバルディアは、移動ルートを指定して爆撃させますが、はっきり言って戦闘中にいちいち操作をしているのが面倒。
しかも、敵に動かれたら終わりで、リキャストも長いので開幕以外で役に立ちません。
更に、スペシャリゼーション解放後は、デモリッシャーのグレネードランチャーが完全にコレを食ってるので、いらない子になります。

ファイアフライ


ロックオンの遅さが隙だらけなので個人的に好きではありません。
また、ブラインダーも効果時間が短く、範囲も狭いので、あまり効果を感じませんでした。
バースターは言わずもがな、グレネードランチャーが食ってしまいます。

迷ったらコレを参考にしてみよう!

以上が、使ってみて微妙だと思ったスキルたちでした。
個人的に今作は、スキルが弱めになっているかなという印象でした。
もうちょっと使い勝手がよくなってくれば、また話は変わってくるでしょう。


(出典:Tom Clancy’s The Division2/Ubisoft)

合わせて読みたい、ディビジョン2の関連記事はコチラ

ディビジョン2の攻略・情報記事のまとめはコチラ

    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「The Division 2」の関連記事

「The Division 2」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧