【ディビジョン2】マークスマンライフル一覧|遠距離からヘッドショット

J.Stone J.Stone

Tom Clancy’s The Division2 (ディビジョン2)のマークスマンライフルのステータスを一覧にまとめました。M44、M700、SR-1、SRS、SVD…等、各種の使用感及び簡単な実銃紹介を交えてご紹介していきます。

マークスマンライフル一覧

ボルトアクションとセミオートの2種類が存在する。
ボルトアクションの場合は命中率やダメージに優れ、セミオートは連射性能と装弾数に優れる。
確実に効果を出すにはやはりヘッドショットが重要で、確実に狙い撃てるように練習すると良い。

※1: 命中率・安定性はベース値が分かるまでは、A~Eの五段階で表記。(+表記あり)
※2: ベースダメージはLv30標準化済みダメージを、レベル分で割って記載。(n=DMG÷30)
※3: DPS/DPMはLv30標準化済みダメージをベースに、全ての補正を除外した上で記載。

武器ボーナス:ヘッドショットダメージ+n%


M44

『DPS:約32900/DPM:約113万(Classic→DPS:約32000/DPM:約110万)
ボルトアクション式ライフル。
カスタムM44はマガジン式MMR中、単発火力が最も高い。
ヘッドショットを狙えばボーナスと相まって非常に高いダメージを与えられる。
また、ボルトアクション式の中で最も性能が高く、射程、命中精度共に優秀。
反動は縦だが、稀に斜めに入る。
カスタムM44はマガジン式でMOD装備欄が多い。その他は単発弾込め。
●実銃豆知識
モデルとなったのはロシア帝国・ソ連製「モシンナガン」のルーマニア製カービン化改良モデル「モシンナガンM44カービン」
モシンナガンは西側諸国で非常に有名なライフルで、かのヴァシリ・ザイツェフやシモ・ヘイヘも愛用したことで知られる。
ロシア帝国時代に、M1891が作られて正式採用されて以来、長きにわたり使い続けられてきた名銃である。
そして世界大戦での活躍後、とうとう後継ライフルへの交代が行われ、現在ではロシア軍では使われていない。
しかし世界各国で多くのバリエーションが作られ、その数3000万丁以上…未だに愛されるライフルである。
弾薬には7.62mmx54R弾が使用されている。
装弾数:5発、全長:1305mm、重量:4.37kg、発射速度:—発/分、有効射程:2000m


M700

『DPS:約27800/DPM:約118万(M700→DPS:約33200/DPM:約104万)
ボルトアクション式ライフル。M44の下位互換的存在。
単発火力が高いので、ヘッドショットを狙えばボーナスと相まって非常に高いダメージを与えられる。
一方で射程が短いのがネック。長距離で運用するなら射程を伸ばすのは必須と言える。
クラシックモデルのM700はMMR中、最もベースダメージが高い。
●実銃豆知識
モデルとなったのはアメリカ製レミントン社の「レミントンM700」
1962年に発売して以後、今なお使われ続ける名銃である。
構造が簡素なので信頼性が高く、軍隊やSWATなどでも広く使われている。
また、日本国内でも猟銃として普及率が高い。
弾薬にはレミントン弾や30-06弾など、多くの弾薬が使用できる。
装弾数:3-10発、全長:1050mm、重量:4.8kg、発射速度:—発/分、有効射程:650-1100m

SRS

『DPS:約30700/DPM:約129万』
ボルトアクション。
横ブレも入るので斜めに大きく跳ね上がる。
射程が短く、命中精度が良くないので、他のMMRに劣る。
●実銃豆知識
モデルとなったのはアメリカ製デザートテック社の「デザートテックSRS」
ブルパップ式のスナイパーライフルで、ドイツのDSR-1に非常に酷似している。
また多くの弾薬に対応しており、7.62㎜弾以外にも.338弾、.300弾、.243ウィンチェスター弾などが対応している。
デザートテック社は他にもMDRやHTIなどのライフルを開発している。
グルジア軍やPMCに採用されている。
装弾数:5-7発、全長:660-952mm、重量:4.5-5.6kg、発射速度:—発/分、有効射程:700-1700m

SR-1

『DPS:約30200/DPM:約110万』
ボルトアクション式。
低反動+縦反動のみなので非常に扱いやすい。
カスタムM44にベースダメージは劣るが、それでも十分な性能を持つ。
構えたまま立て続けに撃つならコッチ。
●実銃豆知識
モデルとなったのはドイツ製AMPテクニカルサービス社の「DSR-1」
特殊警察GSG-9向けに開発されたボルトアクションスナイパーライフル。
ベースはSR100ライフルで、仕様も似通っている。
.308弾、.300弾、.338マグナム弾などを発射できる。
派生モデルとして50口径弾を使用する対物ライフルモデルDSR-50等がある。
また、デザートテックSRSは本銃がベースになって作られている。
装弾数:5発、全長:990mm、重量:5.9kg、発射速度:–発/分、有効射程:800-1400m

SVD

『DPS:約75700/DPM:約218万』
セミオートで連射できるので、継続ダメージを出しやすい。
反面、ライフルに全てを食われている印象。
射程、ダメージ、安定性……全てにおいてライフルに劣る。
わざわざSVDを使うなら、汎用性も性能も高いライフル(Mk17, SIG716, M1A)で良い。
●実銃豆知識
モデルとなったのはソ連製「SVDドラグノフ」
招待規模でのマークスマン用に開発された武器で、AK同様に頑丈な作りとなっている。
酷使を前提としているので、部品数は極力減らして設計されている。
弾薬は7.62x54mmR弾を使用。欧州の銃器より安くて頑丈である事から、多くの発展途上国で採用されている。
装弾数:10発、全長:1225mm、重量:4.31kg、発射速度:30発/分、有効射程:600m

Mk20

『DPS:約64000/DPM:約255万』
セミオートで連射できるので、継続ダメージを出しやすい。
また、射程が長い。
反面、ライフルに全てを食われている印象。
SVDよりはかなり使い勝手が良い。
●実銃豆知識
モデルとなったのはベルギー製FN社「SCAR-H」のマークスマンモデルで、通称:Mk20。
詳しくは、ライフル枠のMk17(SCAR-H)の項目を参照。

L96A1 AWM

『DPS:約91500/DPM:約392万』
チャージ式ライフル。
火力はシャープシューターの対物ライフルを軽く凌駕する。
スコープ付き武器へのボーナスタレントもあり、正に名前の通り天罰を与えるライフル。
●実銃豆知識
モデルとなったのはイギリス製アキュラシー・インターナショナル社の「L96A1 AWM」
AWMは、スウェーデン軍の正規ライフルにするために改良した「アークティク・ウォーフェア・ライフル」をマグナムライフル弾仕様に改良したもの。
イギリス軍ではL115A3、ドイツ軍ではG22として制式採用されており、ヨーロッパ各国で採用されている。日本でも特殊部隊が導入済み。
ボルトアクション式で、フローティング・バレルにより高い命中精度を誇る。
その精度は、イギリス軍の狙撃兵がこのライフルを用いて、約2500mの長距離射撃を成功させているほど。
バリエーションも豊富で、ストック折りたたみ式のAWF、サプレッサー内蔵式のAWS、警察用のAWP、50口径対物ライフル仕様のAW50等がある。
仕様弾薬は7.62×51mm NATO弾の他に、.300ウィンチェスターマグナム、.338 Lapuaマグナム、7mmレミントンマグナムなどがある。
ゲームの世界では、CoDやカウンターストライクなどの老舗FPSから登場しており、最近ではPUBGやフォートナイトでもお目にかかる。
装弾数:5~10発、全長:1158mm、重量:6.50kg、発射速度:???発/分、有効射程:800-1500m


(出典:Tom Clancy’s The Division2/Ubisoft)

武器タレントにお悩みならコチラ!

合わせて読みたい、ディビジョン2の関連記事はコチラ

ディビジョン2の攻略・情報記事のまとめはコチラ



    この記事をシェアする

コメント/情報提供

コメントを残す

「The Division 2」の関連記事

「The Division 2」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧