【ディビジョン2】アサルトライフル一覧|頼りになる主力武器

J.Stone J.Stone

Tom Clancy’s The Division2 (ディビジョン2)のアサルトライフルのステータスを一覧にまとめました。各種の使用感及び簡単な実銃紹介を交えてご紹介していきます。

アサルトライフル一覧

アサルトライフルは命中精度と連射性能に優れ、射程も中距離を維持できる非常に汎用性が高い武器である。

※1:ダメージ・命中率・安定性はベース値が分かるまでは、A~Eの五段階で表記。(DMGだけ+表記あり)
※2:射程距離に関しても実数値が判明するまでは目分量で表記します。
※3:情報は随時更新していきます。現在はβ基準となります。

武器ボーナス:HPダメージ+n%

P416

非常に扱いやすく、性能バランスが良い。
主力として十分な性能を持っている。
●実銃豆知識
モデルとなったのはAR-15の独自改良モデルであるPatriot Ordnance Factory(POF-USA)社の「POF P416」
AR-15を短銃身にし、ショートストロークガスピストン方式を採用したモデル。
HK416とシェアを争っているが、こちらの方が高級志向が強い。
日本国内にはほとんど情報が出回っていないが、UBI製ゲームでよくお目にかかれる。
装弾数:20,30発、全長:704mm、重量:3.22kg、発射速度:650-950発/分、有効射程:300-450m

G36

普通のアサルトライフル。
前作はほぼ無反動だったが、今作はP416と立場が逆転している。
●実銃豆知識
モデルとなったのはドイツ軍の「H&K G36」
G3やG11の後継ライフルとして開発された経緯を持つ。
当初はダットサイトが搭載されていたが、不満が多発したので廃止されている。
ゲーム内での高性能とは裏腹に、実際は連続使用による加熱で命中率が下がってしまい、現在ではH&K HK417に交換がなされている不遇な銃。
ちなみに、ミリタリーG36では”G36V”がモデルとなっている。
装弾数:30発、全長:720.0mm、重量:2.82kg、発射速度:750発/分、有効射程:800m

Mk16

威力が高めなので硬い敵を処理しやすい。
●実銃豆知識
モデルとなったのは米軍の「FN SCAR (Mk16)」
LとHがあるが、これは5.56mm仕様か7.62mm仕様かで分かれる。
主に特殊部隊やレンジャー連帯で使用されており、拡張性とジャム率が低い。
尚、Mk16は米軍内での名称で、製品名はFN SCAR。
装弾数:30発、全長:889mm、重量:3.29kg、発射速度:550-600発/分、有効射程:300-600m


M4

相変わらずの暴れる君
●実銃豆知識
モデルとなったのは米軍ライフルの「M4A1カービン」
アサルトの代名詞として非常に有名である。
未だに広く使われているが、実は信頼性に問題があることが懸念されている。
しかし、あまりにも普及してしまった為、後継ライフルへの交換コストが高く未だに着手されていない現状がある。
装弾数:30発、全長:850.9mm、重量:2.68kg、発射速度:700-900発/分、有効射程:500m

FAL

普通のアサルトライフル。
今作は3点バーストからフルオートになりました。
●実銃豆知識
モデルとなったのは「FN FAL」
7.62mm弾を採用しているので威力は申し分ないが、その分反動が強く、おかげでフルオートに難が出た。
そのせいでフルオートを廃止したモデルなどが開発される。
また銃身が長いので取り回しが悪く、戦地の兵士には不評であった。
しかし故障率の低さと、セミオートでの命中精度に優れていた為、マークスマンライフルとして非常に重宝された。
装弾数:20-30発、全長:1090mm、重量:4.3kg、発射速度:650-700発/分、有効射程:400-600m

AK

威力が高いわりに反動が少なく扱いやすい。
主力ライフルとして期待できる性能。
●実銃豆知識
モデルとなったのはソビエト(現ロシア)製カラシニコフ設計による「AKM」
AKMはAK-47の近代化改修モデルで、製造法が若干変化したほか、銃剣が取り付けやすくなったりマズルフラッシュを逃がしやすくしたりといった改良がなされている。
AKは製造コストが安く、シンプルな構造故に故障も少なく、更に弾も7.62mmと強力な事から世界各地でコピーモデルが流出し、今や1億丁以上流通していると言われている。
ちなみに、カラシニコフが製造したオリジナルのAKは10年程しか作られず、あとは全て非正規のコピーモデルであるという。
装弾数:30発、全長:870mm、重量:4.4kg、発射速度:600発/分、有効射程:600m

AUG A3

他のアサルトよりリロードが早め。
●実銃豆知識
モデルとなったのはオーストリア製「ステアーAUG A3」
ステアーAUGは元々固定スコープ付きだったが、スコープを外して光学サイトを取り付けれるようにしたのがAUG A3モデル。
命中精度と取り回しが優れており、各国で採用されている。ブルパップ方式を採用している。
またその独特な形状から、フィクションの世界でも活躍しており、中でも映画「ダイハード」の敵キャラ”カール”が使用したことで有名。
装弾数:30-42発、全長:790mm、重量:3.6kg、発射速度:680-850発/分、有効射程:300m

FAMAS

ファイアレートの非常に高いARで、高いDPSを期待できる。
反動は強めだが、縦反動なので容易に制御できる。
前作でいうLVOA-Cに当たる性能を持つ。
●実銃豆知識
モデルとなったのはフランス軍の「FA-MAS」
軍隊ラッパとも言われる独特の形状と、ブルパップ式マガジンが特徴。
実際にも命中精度に難を抱えており、短銃身にした為に薬莢排出工が顔の近くに来て危険といった欠陥も持つ。
正直な話、あまり良いライフルではないが、形状が独特なのでフィクションの世界では多く採用されている。
尚、同じUBISOFT製であるR6Sのトゥイッチ御姉様のメイン武器としても有名。
装弾数:25-30発、全長:757mm、重量:3.8kg、発射速度:900-1000発/分、有効射程:300m

TAR-21

ファイアレートの非常に高いARで、高いDPSを期待できる。
更に反動も少なく、命中精度も高い。おまけにリロード速度まで高い!
今作最強ARになる可能性大。
●実銃豆知識
モデルとなったのはイスラエル製IMM社の「タボール TAR-21」
SF映画に登場するような独特の形状と、ブルパップ式マガジンが特徴。
イスラエル国防軍の為に開発したアサルトライフルで、現在は各国でも採用され始めている。
今までのアサルトライフルと形状や操作感が余りにも違いすぎるので、ベテラン兵士からは敬遠されているが、近い将来タボールに置き換わる事が決まっている。
ちなみに”タボール”とは旧約聖書に登場する”タボールマウンテン”から取られ、21という番号は21世紀のという意味を持つ。
派生としては、CTAR-21、STAR-21、MTAR-21などがある。
CTAR-21はTAR-21のバレルを短くしたカービンモデルで、コンパクトタボールと呼ばれる。
STAR-21はマークスマン仕様、MTAR-21はマイクロタボールと呼ばれ、SMG・PDW用に小型化したモデルとなっている。
弾薬は一般的な5.56mmNATO弾を採用している。
装弾数:30発、全長:725mm、重量:2.8-3.3kg、発射速度:700-1000発/分、有効射程:300-500m


(出典:Tom Clancy’s The Division2/Ubisoft)

武器タレントにお悩みならコチラ!

合わせて読みたい、ディビジョン2の関連記事はコチラ

ディビジョン2の攻略・情報記事のまとめはコチラ



    この記事をシェアする

コメント/情報提供
  1. 匿名 より:

    タボールのドロップを確認しました。友人に上げてしまったため性能は確認出来ません

コメントを残す

「The Division 2」の関連記事

「The Division 2」の人気記事
ゲーム・攻略情報のカテゴリ一覧